池波志乃ら「血まみれ」篇!/ホラー・猟奇映画「禁断ベッド場面」全集(1)

池波志乃ら「血まみれ」篇!/ホラー・猟奇映画「禁断ベッド場面」全集(1)

池波志乃ら「血まみれ」篇!/ホラー・猟奇映画「禁断ベッド場面」全集(1)

 男と女の情愛が限界点を越えれば、そこに血の惨劇が訪れる…。禁断の愛が交錯した新旧の傑作群を、厳選ロードショー!

      *

 昭和13年に岡山で起きた「津山30人殺し事件」を題材にしたのが、「丑三つの村」(83年、松竹富士)である。映画評論家の秋本鉄次氏によれば、「村八分にされた若者(古尾谷雅人)が、復讐のために壮絶な大量殺人に向かいます」といい、その伏線として、豪華な女優陣とのベッドシーンが展開されたというのだ。

 まだ若かった田中美佐子(60)は、湯船で小ぶりなバストを見せる。そして五月みどり(80)と池波志乃(64)の妖艶2大女優が濃厚なカラミを見せた。前出の秋本氏によると、監督が成人映画出身の田中登だったため「イメージショットのような軽いカラミになるはずがない」といい、「熟しきった淫蕩な」ベッドシーンを見せたという。

 五月は親戚でありながら古尾谷と体を重ね、池波は夫が出征中の寂しさを紛らわせるため若者の肉体を欲する。

「村一番の男のアレってどんなじゃろうね」

 これ以上ない好色なセリフが印象的だ。

 今年公開された作品の中では、その名も「歯まん」(キングレコード)が出色で、秋本氏も思わずうなったという。「初体験でアソコに歯が生えて」(秋本氏)彼氏のシンボルを食いちぎってしまうというショッキングな展開だそうだ。「撮影から一般公開まで6年もかかっていたのが謎」だったというが、「主演の馬場野々香(29)の脱ぎっぷりもよく」スプラッターホラーと妖艶さがが「みごとに融合しています」とのこと。

 高島礼子(55)が、映画初出演作で大胆な脱ぎ姿を見せたのが「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)。女のまぶたを切り取る猟奇的な連続殺人事件を背景に、高島は犯罪者と向き合う精神科医に扮している。

「秋吉久美子が演じるはずだったのを降板したため、高島が抜擢されました」(秋本氏)そして、冒頭から早くも伝説のベッドシーンが展開。恋人役の神田正輝とのカラミで、立った姿勢で犯され、バストをガラスに押しつぶされるというアングルが光っていたという。

「公開後、たちまち『あのすごい女優は誰だ?』と話題になりました」(秋本氏)

 ピンク映画並みのハードなベッドシーンが3度もあり、高島がシャワールームで生理の血を流すサイコホラー的な見せ場も続いた。

関連記事(外部サイト)