芸能プロ、旧態依然な“暗部”を暴く!(終)今も横行“枕営業”橋渡しの実態

芸能プロ、旧態依然な“暗部”を暴く!(終)今も横行“枕営業”橋渡しの実態

芸能プロ、旧態依然な“暗部”を暴く!(終)今も横行“枕営業”橋渡しの実態

 コンプライアンスなど“お題目”にすぎず、現在もグレーゾーン、時には常識から大きく逸脱した、やりたい放題の芸能プロも存在する。

 最終回は、女性タレントの“枕営業”についてである。有力者と性的関係を持つことで仕事を得る闇のスタイルは、もちろん今も横行しているという。

「事務所が“行け”というパターンもありますが、さすがにそこまで露骨なのは減っているのでは。多いのは、有力者との食事会などに売り出したいアイドルを同席させて、途中で“あとはお前の判断に任せる”と、マネジャーが退席するケース。呼ばれた時点でアイドル本人もわかっていますから、ほとんどが小さな仕事にありつくために、関係を持って帰ってくることになります」(アイドル事務所マネジャー)

 事実上の斡旋であっても、こうして表向きは“あくまで自分の判断でやったこと”にして、もしもの時には責任を逃れようとしているのだから、悪質である。

「大手プロで人気タレントを担当して業界に顔と名前を売ったあるマネジャーは、いくつものアイドル事務所に出入りし、際どい水着系シリーズを出すDVDメーカーの社長と新人タレントを橋渡しして、その際の枕営業成立を含めた“成功報酬”で高級外車を乗り回すほど稼いでいますからね。ただし、枕営業でDVDが出せても、タレントに入るギャラは5万円程度。発売イベントでアイドルファンと密着チェキを撮りまくっても、1円もタレントには入りません」(前出・アイドル事務所マネジャー)

 こんなことがまかり通るのは、もう芸能界くらいではないだろうか。

(露口正義)=写真はイメージ=

関連記事(外部サイト)