高橋一生、CMキャラに違和感の声続出でも求められる“賞味期限切れ”回避

高橋一生、CMキャラに違和感の声続出でも求められる“賞味期限切れ”回避

高橋一生、CMキャラに違和感の声続出でも求められる“賞味期限切れ”回避

《いくらなんでもキャラを崩し過ぎではないか》

 最近、ネット上でこう指摘されているのが、現在オンエアされているAGCのCMに出演する、俳優の高橋一生である。

「AGCとは、かつての旭硝子のこと。世界最大手のガラスメーカーですが、2018年に商号を変更。その際、新社名を周知させるイメージキャラクターとして、高橋が起用されたんです。話題となっているCMは、『なんだしAGC』シリーズの『なんだし、なんだし、AGC/学校編』。小学校の教室内に、両腕を大きく振りながら萩本欽一ばりの横歩きで登場した高橋が、ボールが当たっても割れなかった窓ガラスに顔を摺り寄せ、『たくましい』と恍惚の表情を見せる。その様子を生徒たち冷めた目でみるというものなのですが、そんな彼のおふざけキャラの設定に、疑問の声が出ているわけです」(広告代理店関係者)

 高橋といえば、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで同年上半期ブレイク俳優ランキングで首位を獲得して以来、クールな二枚目俳優として特に女性から絶大な支持を得た。

「それでも、もともと遅咲きのブレイクで、すでに38歳ですからね。美男は飽きられるのも早いというのが常ですが、昨今はネット上で、《そんなにイケメンか?》といった声が圧倒的に増え始めている。そのため高橋は今、同じ遅咲きで同年代の斎藤工や田中圭のように、コミカルな役もこなせる引き出しが必要となっている時期といえます。AGCのCMも、そうした意味で引き受けた仕事なのでしょうが、違和感の声が出るということは、まだ突き抜けられていないんでしょうね」(芸能プロ関係者)

 来年1月上映の蒼井優との共演映画「ロマンスドール」では、ラブドール職人を演じる高橋。さらに色んな役柄に挑戦して欲しいものだ。

(津田昌平)

関連記事(外部サイト)