生理バッジ騒動で「二階堂ふみ主演映画」の「客入り急増」証言!

生理バッジ騒動で「二階堂ふみ主演映画」の「客入り急増」証言!

生理バッジ騒動で「二階堂ふみ主演映画」の「客入り急増」証言!

 老舗百貨店による斬新な取り組みに波紋が広がっている。

 今年10月中旬、大阪の大丸梅田店は女性従業員が生理中であることを知らせる「生理バッジ」を試験的に導入。若手の女性社員が「生理に対する理解を深めたい」と提案し実現したという。この取り組みについて11月25日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)が特集したことで、ネット上で「生理バッジ騒動」ともいうべき議論沸騰の事態に発展しているのである。

 今回の騒動について芸能関係者が解説する。

「番組では『これまでタブー視されていた生理をポジティブに捉えられる』と好意的な紹介だったのですが、ネット上では『わざわざ客に知らせる意味がない』といった反発が続出。炎上状態となっているんです」

 そうして同店では「生理バッジ」の取りやめを決定したのだが──。

「実は『生理バッジ騒動』によって映画業界で想定外の動きが生じているんですよ」と同関係者。

 どういった動きなのか。

「もともと、大丸の『生理バッジ』は漫画『生理ちゃん』とのコラボ企画で、現在、その漫画の実写映画が二階堂ふみ主演で上映中なんです。映画関係者によると『今回の騒動以降、全国の劇場で客入りが増えている』とのこと。大きなPR効果が生まれているんです」(前出・芸能関係者)

 偶然の宣伝効果であった。

(牧マコト)

関連記事(外部サイト)