チュート徳井、「活動再開」は「宮迫が許されてから」の“もどかしさ”!

チュート徳井、「活動再開」は「宮迫が許されてから」の“もどかしさ”!

チュート徳井、「活動再開」は「宮迫が許されてから」の“もどかしさ”!

 今年10月に1億1800万円の申告漏れ発覚が国税庁から指摘され、芸能活動の自粛に追い込まれたチュートリアル・徳井義実。

 謝罪会見では「ボクの想像を絶するだらしなさ、ルーズさ」が原因と語っていたものの、5年前のラジオ番組で「税金のかからないドバイ移住を考えている」と発言していたことが判明。

「意図的な税逃れ」ではないかとの批判が噴出する事態となった。

 問題発覚前は10本以上のレギュラーを抱えていた徳井だが、テレビ関係者は「活動自粛から1カ月経ち、彼が抜けた穴は徐々に埋まりつつある」と明かす。

「NHKBSのプロ野球バラエティー『球辞苑』にはナイツの塙宣之が代役として抜擢され、関係者間でも『塙なら安心』との声が高まっています。『徳井より安定感があるのでは』との見方まで出ているんですよ」

 番組側が徐々に平常運転に戻りつつある一方、気になるのは徳井の「復帰時期」だ。

「コトの重大さから考えて『来年の夏以降』にずれ込む可能性が濃厚です。さらには、徳井より先に闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫博之の動向も大きく関わってくる。業界内では『徳井の活動再開は宮迫が世間に許されてから』との見解もあり非常にもどかしい状況なんです」(前出・テレビ関係者)

「復帰後の居場所」も埋まりつつある徳井であった。

(牧マコト)

関連記事(外部サイト)