宮沢りえ、門脇麦らが衝撃の「艶ビデオ女優役」に取り組んだ“理由”とは!?

宮沢りえ、門脇麦らが衝撃の「艶ビデオ女優役」に取り組んだ“理由”とは!?

宮沢りえ、門脇麦らが衝撃の「艶ビデオ女優役」に取り組んだ“理由”とは!?

 81年から02年まで断続的に放映され、国民的な人気を博したドラマが「北の国から」(フジテレビ系)だ。純(吉岡秀隆)と蛍(中島朋子)の幼い兄妹の成長を20年以上かけて丁寧に描いた。

 そんな傑作ドラマにゲスト出演したのが宮沢りえで、初めて登場した回のタイトルは「‘95秘密」となっている。この秘密とは、かつて「艶ビデオに出ていた女優」という設定のため。そのことが純との恋路に大きな影を落とすが、宮沢にとっては女優として成長する貴重な機会となった。

 また、人気コミックを映画化した「闇金ウシジマくんPart2」(14年、S・D・P)では、注目の女優である門脇麦が「ホストの恋人を支えるため艶ビデオに出演する少女」という役を演じ、評価を高めた。

 他にも夏帆、星野真里といった実力派や、成田梨紗、永尾まりや、平嶋夏海、冨手麻妙といった元AKB48のアイドル出身者まで、こぞって「艶ビデオ女優」を演じた。昭和の時代には存在しなかった役柄だが、現代の空気を切り取るストーリーには大きな意味を持つようだ。

 そんな女優たちの心意気を、12月3日発売の週刊アサヒ芸能12月12日号では、出演当時のインタビューなどを交え詳報している。実に15本もの作品が存在したことも驚きであろう。

関連記事(外部サイト)