博多華丸、ハリセンボンはるかを泣かせた後にさらに「追い討ち」かけていた!

博多華丸、ハリセンボンはるかを泣かせた後にさらに「追い討ち」かけていた!

博多華丸、ハリセンボンはるかを泣かせた後にさらに「追い討ち」かけていた!

 12月1日放送の「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(テレビ東京系)での華丸の言動に批判の声があがっている。

 この日ゲスト出演したお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜は番組の終盤で「今までにない放送になっております」と言っていたが、ネット上では華丸が春菜の相方である箕輪はるかに「パワハラ発言を繰り返したため、はるかが泣いてしまった」「はるかが華丸にパワハラされて泣かされた」などと指摘されているのだ。

 番組では、華丸と春菜がそれぞれビールやレモンサワーを飲みながらトークを交わす中、はるかはジンジャーエールやアイス抹茶などの清涼飲料水を注文。どんどん酔いが進んでいく華丸は、「問題ははるかやな」と前置きし「もう満足してそうやしな。別にないやん、野心」と指摘した。

 はるかが「そうですね」と受け止めた後「この歳まで生きて来られるとは思ってなかった。十分です私は」と答えると、華丸は「十分じゃないよ」と即否定。

 その後も華丸は「何かしないと…しなさすぎなんだよ、生きてるくせに」「あなた(はるか)みたいになりたくって、頑張ってもがいている若手芸人がどんなにおるか」「厚み、厚み。(はるかには)薄みしかないから」「キラキラした目ぇしやがって。一丁前に」「目は生きてる。コメントは死んでるのに」などと暴言を連発したのだ。

 そして、はるかが春菜を誘ってコンビを組んだとの説明を聞いた華丸が「はるかから声かけることがあるわけ?そういうタイプ? 生涯“受け身”とオレは思ってたよ」と言ったのをきっかけに、はるかは笑顔のまま涙をポロポロ。すかさず春菜が「ちょっと、はるかが泣き出したんですけど」とツッコミを入れるも、はるかの涙は止まらなかった。「なんかすごい、厳しく言われるなと思って」と涙の理由を説明するはるかに対し、華丸は、「えっ、ウソ、泣かせるようなこと言った?」と驚いた様子を見せたものだった。

「『先輩にそんな…』『ずっと抑えてたんですけど…』と、涙しながらも笑顔を崩さなかったはるかに胸が痛みました。いくら吉本興業の先輩後輩で、お酒が入っていたからといって、華丸は先輩風を吹かし過ぎでは」(テレビ誌ライター)

「涙が出るってことは、痛い所ついてるってこと」とはるかに向かって追い討ちをかけていた華丸。はるかが泣いていたことに動揺している様子も見せたものの、内心では懲りていなかったようだ。

関連記事(外部サイト)