広瀬アリス&すず、サッカー静岡学園優勝に歓喜で県民が安堵した理由とは?

広瀬アリス&すず、サッカー静岡学園優勝に歓喜で県民が安堵した理由とは?

広瀬アリス&すず、サッカー静岡学園優勝に歓喜で県民が安堵した理由とは?

 1月13日、第98回全国高校サッカー選手権で静岡学園が24年ぶりの優勝を果たし、静岡市出身の広瀬アリス・すず姉妹がそれぞれツイッターに喜びのコメントを投稿した。

「静学が優勝を決めるとまずは妹のすずが《静学ー!!!おめでとうー!!!》《すんごい試合すぎて叫びまくってたからちょっと喉痛めたな》とつぶやくと、続いて姉のアリスも《収録前に大騒ぎしてしまった!!おめでとうございます!!!観に行きたかったなー!!!》と両手を挙げて喜ぶ画像とともに投稿し、歓喜する様子を報告しました」(ネットウッチャー)

 これに静岡県民からは、〈広瀬姉妹が静岡のことをつぶやくのは貴重〉〈静岡のこと忘れないでいてくれたのか!〉〈広瀬姉妹の静岡愛が見れて嬉しい〉など、両者が静岡に触れたことを喜ぶコメントが多く寄せられていた。

「広瀬姉妹は静岡市清水区の出身ですが、これまで地元について発言することはあまりなく、すずが朝ドラ『なつぞら』(NHK)に出演した際にはロケ地である北海道を『実家に帰ってきたような感じ』などと発言したこともあり、県民は少し寂しく感じていたようです。また、18年には姉妹の兄が静岡市内で酒気帯び運転で追突事故を起こして逮捕されたこともあり、《広瀬姉妹にとって静岡はタブー?》との見方もあり、今回の静学優勝ツイートには安堵する声が多かったわけです」(芸能記者)

 姉妹での「静岡凱旋」を心待ちにする静岡県民も少なくないようだ。

関連記事(外部サイト)