ナイナイ岡村、優秀助演男優賞で「日本アカデミー賞にまさかの忖度?」指摘!

ナイナイ岡村、優秀助演男優賞で「日本アカデミー賞にまさかの忖度?」指摘!

ナイナイ岡村、優秀助演男優賞で「日本アカデミー賞にまさかの忖度?」指摘!

 1月15日、「第43回日本アカデミー賞」の優秀賞が発表され、最多12部門で優秀賞を受賞した映画「翔んで埼玉」のぶっちぎりとなった。そんな中、優秀助演男優賞を、お笑いコンビナインティナイン・岡村隆史が出演した時代劇「決算!忠臣蔵」が獲得する快挙となった。同賞は18年12月16日〜19年12月15日に公開された映画が対象で、日本アカデミー賞会員の投票によって各部門の受賞者が選ばれ、3月6日に行われる授賞式で最優秀賞が決まる。

「俳優や監督などの映画関係者に映画会社社員が会員。東宝、東映、松竹など大手3社は会社をあげて賞取りに打って出ます。当然独立系の作品への投票は少なくなり、受賞のチャンスはマレです。作品賞には東映の『翔んで埼玉』、『閉鎖病棟−それぞれの朝−』、東宝の『蜂蜜と遠雷』『キングダム』、スターサンズの『新聞記者』が決まりました。一方『決算!忠臣蔵』の主演堤真一は主演男優賞にかすりもしていない。他の映画賞、報知や日刊スポーツ映画賞などでも『決算!忠臣蔵』は受賞していないことから、岡村のふってわいたような受賞に疑問を呈する声が高まっているんです」(映画ライター)

 岡村が所属する吉本興業への忖度ではないかという声もある。投票資格のある日本アカデミー賞賛助法人に吉本は名を連ねており、吉本の意向を忖度して岡村推しが決まったのではというのだ。

 岡村は1月16日放送の「岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、受賞についてコメント。スマホににわかに押し寄せた祝福メッセージでようやくコトの次第を知ったようで、「全然、実感がないやっていう感じ」と語った。その一方で受賞にともなって出演オファーが殺到することやギャラの爆上げを期待していることを告白。闇営業問題発覚で、改めて吉本側が所属芸人と結ぶことになっている契約について、岡村は、いまだに契約を結んでいないそうだが、ギャラの高騰後に契約を結ぶことになるとほくそえみ、早々とそろばんをはじいていた。

「岡村の目論見は、番組リスナーにせっせと応募してもらって、日本アカデミー賞の中で唯一一般映画ファンの投票で決まり、『オールナイトニッポン』リスナーの投票によって選出される『話題賞』をゲット。最優秀助演男優賞ももぎとって、俳優・岡村隆史として箔をつけて吉本と1円でも有利な契約を結ぶことでしょう」(芸能ライター)

 みごと成功といくかどうか。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)