青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?

青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?

青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?

 元アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)選手でタレントの青木愛、その完璧ボディを晒しまくっている。

 1月18日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系)で“海外の旅”コーナーに出演。南太平洋の楽園・フィジーを満喫する様子を伝えたのだが、そこで見せた大胆な肌見せに、男性視聴者が大満足したようなのだ。

「青木は透明度抜群の海に飛び込んだり水上スキーを体験したりと大はしゃぎしていたのですが、下は白の短パンを穿いていたものの、上は真っ赤な水着で胸の渓谷を思いきり強調し、Eカップの形の良いバストを披露。体育会系のしっかりとした体つきでありながらも現役時代からはだいぶ経っているため、ほどよい肉感がたまらない仕上がりを見せていました」(テレビウオッチャー)

 青木は2008年の北京五輪で日本代表としての出場を最後に現役を引退。その後、モデルやレポーターなどで活動し、18年からは同番組の“旅サラダガールズ”に選ばれ、海外旅行の様子を伝えている。

「月替わりレギュラーでの出演ですが、何せあのボディですから、青木が出演の際が最も男性視聴者がザワつくようです。しかも、もともと水着に着慣れているため、今回のように大胆なものでもサラリとやってくれる。ただ、見た目の可愛いらしい顔とは裏腹に、性格の方は相当強いとされています。過去にも、学生当時、サッカー部のカレが練習を抜け出して自分のところへ会いにきてくれたところを、“なぜサボッてまで会いにくるのか!”と一喝したエピソードを明かしていたほどの男勝り。完璧ボディでも34歳にして浮いた話があまり出てこないのは、そうした性格からかもしれません」(芸能記者)

 見ているだけが一番いい、ということか。

関連記事(外部サイト)