第二の飯島愛に?人気艶系女優「おもしろい人間になりたい」発言の真意とは

第二の飯島愛に?人気艶系女優「おもしろい人間になりたい」発言の真意とは

第二の飯島愛に?人気艶系女優「おもしろい人間になりたい」発言の真意とは

 テレビプロデューサー、演出家、司会者、タレントなど様々な肩書をもつテリー伊藤氏のYouTubeチャンネル「お笑いバックドロップ」。19年12月26日投稿の『テリー伊藤「私は興奮しております」日本No1紗倉まなさんが初登場。そこまで話してくれるの!?』に、艶系女優の紗倉まながゲスト出演した。

 冒頭、テリー氏は、「日本でNo1」の艶系女優であるとして、紗倉を紹介。さらに日本でNo1であれば世界中の艶ビデオの中で一番日本のものがいやらしく、世界でNo1であり、日本の中でチャンピオンになるということは艶ビデオ業界における「イチロー」的な存在であると絶賛した。

 そしてトークが始まり、テリー氏が恋愛観について訊ねると、紗倉は「私は働いて稼ぐことには意欲的だけど、家事はちゃんとできないんで、そういう自分を認めてくれる男性はあまりいないというか…恥ずかしいくらい部屋が汚れてるんですよ」と答えた。

 テリー氏は「お風呂とかヌルヌル?」と質問すると、紗倉は「お風呂場だけはきれいに洗います」。なおもテリー氏は下半身用の肌着を替えないんじゃないかと問うと、紗倉は、上半身用の肌着については「替えないです。これ3日目です」と返し、スタジオが笑いに包まれた。

 これからやりたいことを質問された紗倉は、「おもしろい人間になりたいです」と、意外な回答。さらに、「テリーさん、自分のエッセンスを入れておもしろく話すじゃないですか。自分の個性を入れて話すのってどうしたらできるんですか?」と質問した。 これにテリー氏は「十分できてるから。ビックリしてるよ。こんなにおもしろくしゃべるんだって」と紗倉のコメント力を賞賛したのであった。

 かつて、元艶系女優でタレントの故・飯島愛さんが、歯に衣着せぬ物言いから、お茶の間の人気者となり、バラエティーに必要な人材となっていたが、紗倉も飯島のようにバラエティ進出に意欲があるのだろうか?だとすれば、テリー氏の「お墨付き」の影響は非常に大きい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連記事(外部サイト)