宮迫博之「嫌悪感しかない」ボロクソ扱いされた投稿動画の“低評価”ぶり!

宮迫博之「嫌悪感しかない」ボロクソ扱いされた投稿動画の“低評価”ぶり!

宮迫博之「嫌悪感しかない」ボロクソ扱いされた投稿動画の“低評価”ぶり!

 1月29日、闇営業問題により謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を開設したことをブログやSNSで報告。同日に約7分間にわたる動画を投稿したが、逆風の状態がいまだ変わっていないことを露呈する事態となっている。

 宮迫は動画の冒頭から、「お騒がせした騒動から半年が経ちましたけども、ここで改めて、ご迷惑をおかけした全ての皆様、そして、ご心配をおかけした全ての皆様にもう一度謝罪させてください。本当にすみませんでした」と深々と頭を下げ、所属していた吉本興業から契約を解除されていること、明石家さんまの個人事務所に預かってもらっている現状を説明。吉本とは話し合いは継続しているものの、今後どうなるかはまだ決まっていないという。

 また、芸能界を引退するのか、復帰できる状況を待ち続けるのか葛藤もあったなか、時に涙ぐみながら「お笑いが好きなんですよ」と思いを打ち明け、「そのために今の自分ができる最善の努力というのを、出来ることなんでもしていこうと思っています」と、その場にYouTubeを選んだという。

「しかし、その動画は同日昼の時点で約9万5000回再生、“低評価”が3万近くまでのぼるという、なかなか見られない拒絶ぶりを見せ、コメント欄も《宮迫は応援できん》《テレビもYouTubeも出なくていい》《嫌悪感しかない》など大荒れ。昨年7月のロンブー田村亮との謝罪会見でも話題になりましたが、癖なのか何なのか、その芝居じみた大袈裟な表情にもツッコミが上がっています。いみじくもその点は同日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演した、おぎやはぎの矢作兼も指摘しており、『松居一代さんのV(ビデオ)とかぶるというか…だから宮迫さん笑わしにいっているのかなって』とダメを出されている。まだまだ厳しい状況であると同時に、謝罪でまたも墓穴を掘った感がありますね」(夕刊紙記者)

 こんな状態で、いったい今後どんな動画を上げていくのかは興味がある。

関連記事(外部サイト)