鷲見玲奈超え?テレ東・森香澄、“爆裂E胸”で競馬ファンの下半身も鷲づかみ!

鷲見玲奈超え?テレ東・森香澄、“爆裂E胸”で競馬ファンの下半身も鷲づかみ!

鷲見玲奈超え?テレ東・森香澄、“爆裂E胸”で競馬ファンの下半身も鷲づかみ!

 昨今、テレビ東京などで土曜日に放送されている「ウイニング競馬」で、オジサンたちが競馬中継以外に熱くなっているのが、アシスタントを務める森香澄アナの存在である。

 森アナは今年に入り、1月6日の放送からアシスタントに抜擢。テレ東入社1年目にして競馬は全くの初心者とのことだったが、そんなことはお構いなしに競馬ファンを魅了しているのだ。

「その魅力は、何と言っても推定D〜Eのバストです。スタジオでの放送では、森アナが出演メンバーの一番右側に座るのですが、CM入りの直前など、事あるごとにカメラが右脇からのショットに切り替わり、森アナのドーンと突き出たバストの大きさがわかりやすいように捉えるんです。森アナもニットなど肌にピタピタの衣装を必ず着ており、もう確信犯としか思えないのですが、ネット上でも《かすみんの胸が気になってレースの予想ができない!》と悶絶の声があがっていましたよ」(テレビウオッチャー)

 18日の放送では、提供クレジットのバックで、得意のダンスを披露。これがまったく競馬とは関係ないのだが、ブルンブルンと激しく揺れまくる胸に加え、番組に馴染もうとする一生懸命さも、競馬ファンにかなりの好印象を与えたようだ。

「『ウイニング競馬』の人気アシスタントと言えば、最近になって不貞疑惑のゴタゴタがあった鷲見玲奈アナがいました。彼女の場合も当時、森アナと同じ位置の席に座り、推定Gカップを強調した衣装に加え、下は時にミニ丈スカート部分からデルタ地帯をチョイ出ししつつのメガネ女子スタイルという、サービス満点の進行ぶりを見せており、16年12月に担当を外れた際は鷲見ロスが起きたほど。森アナの人気は、早くもそんな当時の鷲見アナを超えたと言っても過言ではありません」(前出・テレビウオッチャー)

 今度は先輩にならって、“デルタ地帯”を披露していただきたいものだ。

関連記事(外部サイト)