ビートたけしの名言集「2000人も生徒がいる中の番長やバカ」

ビートたけしの名言集「2000人も生徒がいる中の番長やバカ」

ビートたけしの名言集「2000人も生徒がいる中の番長やバカ」

「おい、『すばる』に載った『不良』、もう読んだか?」

 先日、殿にお会いすると、わたくしの顔を見るなり、冒頭の質問をあててきたのです。

 殿が言う「不良」とは、現在発売中の文芸誌「小説すばる」2月号に掲載されている、長編読み切りのことであり、殿のいちばん新しい小説です。殿は3年程前から、とにかく小説に力を入れていて、かなり早いペースで新作を書き上げては、文芸誌にバンバン発表しています。

 で、冒頭の問いに「すいません。買ってはいますが、まだ読めていません」と、弟子としてやや失態ぎみの、実に残念な答えを正直に述べると、

「なんだ、ちゃんと読んどけよ」

 と、笑いながら指示を出したのでした。もちろん翌日、一気に完読いたしました。で、殿の新作「不良」には、殿が中学時代に出会った、恐ろしくケンカの強い、実在した番長がモデルの人物が出てくるのですが、殿は以前、

「俺たち団塊の世代の中学なんて、第1次ベビーブームの子供だから、生徒が2000人もいたからな。2000人の中の番長なんてのは、とんでもないワルでよ、本当にすごいんだよ。その逆で、2000人の中のバカは、もうどうしょうもないバカだったからな

 と、聞いたことがあります。さらに、

「俺の中学の時の番長なんて、学校にドテラ着て愛人と一緒にやってきて、門の前で待ち構えてて、登校してくる生徒から10円ずつカツアゲして、金が貯まるとそのまま遊びいっちゃうんだから。だけど、中学生で結婚もしてねーのに愛人がいるってのもおかしな話なんだけどよ」

 なんて話も聞いたことがあります。さらにさらに、これはその番長のことなのか定かではありませんが、

「1回よ、学校に改造拳銃作って持ってきたヤツがいてよ。そいつが授業中、黒板に向かって書いてる先生の後頭部を狙って、その銃で撃ったんだよ。そしたら、パーン! って音と煙が上がって、弾が先生の後頭部に当たったんだけど、先生は『痛てっ!』って言って振り向いて『誰か、何かやったか?』って。何ともなかったんだから」

 なんて話も聞いたことがあります。で、こうなると、2000人の中のバカのほうも気になります。はい、ちゃんとその話も以前、殿から聞いています。

「俺らの中学の時は、テストの結果がダァ〜ッて2000人分、廊下に1位からビリまで張り出されるんだよ。それで毎回ビリと、ビリから2番目のヤツは同じ2人なんだよ。それである日、毎回ビリのヤツが転校することになったら、ビリから2番目のヤツが『やばい、あいつがいなくなったら俺がビリになる!』って思って、そいつも一緒に付いていって、転校しちゃったんだから

 とにかく、昭和30年代、殿が見た“ワルたち”が、活き活きと描かれている「不良」。是非、一読を。最高です!

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集〜あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

関連記事(外部サイト)