美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(2)日テレ・水卜麻美は「NHKラブ」

美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(2)日テレ・水卜麻美は「NHKラブ」

美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(2)日テレ・水卜麻美は「NHKラブ」

 人気美女アナの流出危機に、新たなエース誕生を待ち望む構図は、日本テレビも同様だ。

「数年前からささやかれてきた水卜麻美アナ(32)独立がいよいよ実現しそうで、このところ彼女もフリー転身願望を隠さなくなってきたんです」(日テレ関係者)

 彼女の口から退社示唆発言が飛び出したのは、今年の正月のことだった。

「年明けにスタッフらと昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』の話題になった際に、彼女が『私も紅白の司会をやってみたい』とはっきり口にしたんです。そもそも水卜アナのNHKラブは有名だった。以前から、『NHKの朝ドラを録画して繰り返し見ている』『うたコンの観覧に応募した』などと周囲に明かしていて、『紅白司会就任』が独立のモチベーションになっているようです。もっとも、後輩アナの台頭を実感していることも、彼女を退社に傾かせているとみられています」(日テレ関係者)

 彼女を猛追するのは、伏兵、18年入社の岩田絵里奈アナ(24)だ。

「これまでは同期の元乃木坂46の市來玲奈アナ(24)が若手のエースとされていましたが、ここへきて、やはりタレント経験のある岩田アナが『新エースの最有力候補』と呼ばれるほど存在感を高めています。入社時から彼女は『バラエティーで活躍したい』と『ポスト水卜』に名乗りを上げていましたからね」(日テレ関係者)

 頭角を現してきた背景には、同局が施した「スパルタ育成」があったという。

「岩田アナは入社から半年で『世界まる見え!テレビ特捜部』に大抜擢。当初は荷が重すぎると言われたのですが、ビートたけしと所ジョージに鍛えられ、メキメキと成長しました。いずれは水卜や永井美奈子以上の『史上最強のバラエティーアナになる』との評価まで出ています」(日テレ関係者)

「エース候補」のレースを勝ち抜いて、真のエースへと突っ走れるか。

 一方、フジテレビでは「絶対エース育成計画」が進行していた。

「昨年入社した東大卒の藤本万梨乃アナ(24)に今後、いわゆる『オイシイ仕事』を集中させる動きがあるんですよ」(フジテレビ関係者)

 初年度の露出は決して多くなかったものの、「めざましテレビ」でフィールドキャスターを務め、BSフジ「LIVE プライムニュース」で火曜日のニュースを担当。今年に入り、着々とバラエティーでの活躍を増やそうとしている。

 そんな育成計画に嫉妬し、自身の不遇に不満タラタラの美女アナもいた。

「誰よりも機嫌を損ねているのが、入社時には『フジの救世主』とまで持てはやされた『クジパン』こと久慈暁子アナ(25)ですよ。かつてのような特別扱いがすっかり影を潜め、親しい同僚に『最近、明らかに会社から嫌われている』とボヤいている。もっとも昨年、彼女がヤクルト・原樹理との『ほぼ同棲生活』をスッパ抜かれたことから、局内では『自業自得だ』との声が大半。さらに熱愛発覚後に原の成績が急落したことで、『久慈はとんでもないサゲマン』とボロクソに言われる始末なんです。フジは、かつて『美しすぎる女流棋士』として人気を集めて昨年春に棋士を引退、タレントに転身した竹俣紅(21)に2021年入社の内定を出している。いよいよ久慈アナも、正念場を迎えています」(フジ関係者)

 これぞまさしく世代交代、シビアな下剋上の様相を呈している。

関連記事(外部サイト)