カジサック、松本人志への“YouTube懇願”にビジネス臭がプンプン!

カジサック、松本人志への“YouTube懇願”にビジネス臭がプンプン!

カジサック、松本人志への“YouTube懇願”にビジネス臭がプンプン!

 芸能界でも“コロナ自粛”が続くなか、ダウンタウン・松本人志のツイッターに注目が集まっている。

 緊急事態宣言が発令された4月7日には、「いよいよ。とうとう。ヒマヒマ。」とツイートし、テレビ収録のキャンセルが相次いでいることを明かした松本。その後、フジテレビ系「IPPONグランプリ」でおなじみ「写真で一言」の大喜利をツイッター上で度々開催し、ネット上でのファンサービスに励んでいるのだ。

 そんな松本は同29日に「松本人志に望むことありますか?(ほろ酔い)」と「今後の自身の活動」について意見を募集。一般人、芸能人入り乱れて多くのリプライが寄せられている。

「やはり多いのは『新作のコントを作って欲しい』という意見。『ガキ使』で『浜田雅功とのフリートークを復活させて欲しい』との声も目立っていましたね。そんなオールドファンからの期待が寄せられる一方、吉本興業の後輩であるカジサックことキングコング・梶原雄太からの“懇願”に注目が集まっているんです」

 とは芸能ライター。

 梶原が懇願したのは“松本のユーチューバーデビュー”。「どうか、、どうかYouTubeを。。松本さんの大喜利が見たいです」と綴っているのだ。

「ユーチューバーとして活動している梶原としては『松本にYouTubeを盛り上げて欲しい』との思いがあるはず。ただ、その背景に“吉本の新ビジネス”が見え隠れするんですよ」(前出・芸能ライター)

 吉本の新ビジネスとは何か。

「同28日に発表されたユーチューバー事務所『UUUM』との業務提携です。梶原も同事務所所属のヒカキンとのコラボ動画を公開したばかり。このタイミングでの“懇願”には、松本を巻き込んだビジネス上の思惑を感じざるを得ません」(前出・芸能ライター)

 見たいような見たくないような「ユーチューバー・松本人志」である。(山倉卓)

関連記事(外部サイト)