ホラン千秋「成り上がり」までの下積み時代(2)上昇気流のきっかけは「NEWS ZERO」

ホラン千秋「成り上がり」までの下積み時代(2)上昇気流のきっかけは「NEWS ZERO」

ホラン千秋「成り上がり」までの下積み時代(2)上昇気流のきっかけは「NEWS ZERO」

 目に留まったのはショートヘアだけでなく、ドラマ「陽はまた昇る」で演じた「あのシーンなのでは‥‥」と意外なエピソードを披露するのは、テレビウオッチャーだ。

「佐藤浩市演じる警察学校の教官と若い訓練生の日常を描いた作品なのですが、ホランは訓練生の一人。第4話で水泳訓練のシーンが登場し、競泳水着姿を披露しているのです。ピチピチの水着に締めつけられて少々窮屈そうながらも、美乳がプールサイドの準備体操時にプルプルと小刻みに揺れまくる。うっすらと下着の跡と思しきシワも確認できる魅惑の『Vライン』からスラリと伸びた美脚も印象的です。屈伸運動では突き出した形のいいヒップまで拝めるんですから、本人にとっては黒歴史でも、我々にしてみればお宝シーンです」

 バラエティー番組で共演したデヴィ夫人(80)から「お顔はキレイだけど色気がない」と指摘されたこともあるホランだが、

「報道のイメージもあり、あえて色気を封印しているのではないでしょうか。それでも色気はあふれてしまうもの。SNSでミニスカ姿を公開すると、男性以上に見る目が厳しい女性からも『キレイ!』と絶賛の声が上がるほどです。関西ローカルのバラエティーで、トラウデン直美(21)とハーフの才色兼備対決をした時も膝上のスカートで登場。男性共演者の視線を釘づけにしましたからね」(テレビウオッチャー)

 就活の恨みを晴らす足がかりをつかんだホラン。さらなる上昇気流に乗るキッカケとなったのが、日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」だろう。

 同番組といえば、桐谷美玲(30)や山岸舞彩(33)などの美人キャスターを起用してきたが、ホランも12年4月から1年間出演している。当時を知る日テレ関係者が明かす。

「当初、番組サイドは同じ事務所に所属する福山雅治のキャスターデビューを水面下で画策していたんです。そうした事務所との駆け引きの中で、代役としてホランの出演が決まった。だから、正直に言って、それほど期待された存在ではありませんでした。ところが、蓋を開けてみれば視聴者からのウケもよく、大きく株を上げたのです」

 はからずも、国民的歌手がホランを「身代わり出世」させる形となったが、持ち前のキャラクターを生かして、降って湧いた好機を逃さなかったという。

「彼女は勉強熱心で、やる気に満ちあふれていて、制作サイドからすると非常にやりやすい。しかも、美人なのに気取ったところがなくて腰も低い。いつも自分からスタッフルームに来ては『よろしくお願いします』と挨拶をしていました。若いADや番組と密に関わっていないスタッフにも分け隔てなく接しているところにも、好感が持てました」(日テレ関係者)

関連記事(外部サイト)