沢田研二、志村けん代役決定で“ドタキャン騒動”から一転の「爆上げ好印象」!

沢田研二、志村けん代役決定で“ドタキャン騒動”から一転の「爆上げ好印象」!

沢田研二、志村けん代役決定で“ドタキャン騒動”から一転の「爆上げ好印象」!

 3月29日に志村けんさんが新型コロナウイルスの感染により亡くなったことや緊急事態宣言で撮影と12月公開が延期となっていた、山田洋次監督の映画「キネマの神様」。

 5月15日、同作の配給元である松竹が、志村さんの代役を歌手の沢田研二が演じることを発表した。

「ジュリー自身、映画出演は2006年公開の『幸福のスイッチ』以来、14年ぶりですが、今回の出演決定にあたり、『志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です』と、強い決意を込めたコメントを出しています。ジュリーと志村さんは親交が深く、過去同事務所だったということもあり、『8時だヨ!全員集合』(TBS系)や『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)などで共演。志村さんと同じ動きをする“鏡コント”など、ジュリーは当時ビジュアル重視で売る人気アイドルだったにもかかわらず、体を張った内容にも果敢に挑み、お茶の間の大爆笑を誘っていましたね」(テレビ誌記者)

 ただ、最近の沢田といえば一昨年10月、さいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を客席がスカスカだったためにドタキャン、開場直前で中止にさせ批判を浴びたことが記憶に新しい。

「後日開かれた公演や昨年の代替公演などで騒動について謝罪したことが伝えられましたが、それでもファンも含め批判の声は消えることがありませんでした。しかし今回、志村さんの代役を務めるにあたり、《ジュリーは志村さんとともに時代を作った盟友。作品に期待したい》《ジュリーの心意気に感動した》と、世間の評価は一転しています。もともとジュリーは、若い当時から他のアイドルとは一線を画す尖ったイメージで、その魅力にファンは取り憑かれたほど。自分を見せるこだわりは人一倍強く、意地やプライドから周囲を振り回す性格は今も変わらないようですが、そのぶん、仕事や人間関係には熱い。そんなジュリーの魅力を世間に思い起こさせたのでしょう」(ベテラン芸能ライター)

 公演ドタキャンも今回の件も、昭和のスターならではのエピソードである。

関連記事(外部サイト)