田中みな実「下半身臨戦」の裏に「番組通じてラブコール出した」(2)ドラマでの怪演が話題に

田中みな実「下半身臨戦」の裏に「番組通じてラブコール出した」(2)ドラマでの怪演が話題に

田中みな実「下半身臨戦」の裏に「番組通じてラブコール出した」(2)ドラマでの怪演が話題に

 一方、昨年末から続くタレントとしての快進撃はいまだ衰えてはいない。現在出演中のドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)での怪演ぶりも話題を呼んでいるのだ。

 芸能デスクが解説する。

「ドラマは昨夏、突如として発売された歌手・浜崎あゆみの自伝的小説が原作で、音楽プロデューサーとの愛人関係が初めて明かされるスキャンダラスな内容です。しかし、旬を過ぎたカリスマ歌姫のサクセスストーリーに加え、主人公あゆ役を演じるのは無名の新人。開始前は注目度が低かった。ところが蓋を開けてみれば、深夜枠にして初回5.6%の視聴率を獲得。放送直後にはツイッターでもトレンド入りするなど物議を醸したほど。その最大の要因が、田中のセクシー艶技にあると言われています」

 ドラマでは、独眼竜政宗のような眼帯を付けた隻眼の秘書役の田中のハジけっぷりに注目が集まった。

「主人公を『ゴキブリ』『ドロボー』などと口汚く罵る恋のライバルである一方で、失った右目の事故に関係している音楽プロデューサーの前では眼帯を外してその醜い姿を見せつけ、『許さぁなぁ〜い』とお岩さんのように呪いの言葉を吐くのです。このアクが強い敵役に中毒になる人が続出しているのです」(芸能デスク)

 しかもこの秘書役は原作にはなく、田中のためにわざわざ作られた役なのだという。

 ドラマ関係者が撮影現場の裏舞台を明かす。

「もちろん女優業は始めてまだ1年ほど。予習復習が大好きな彼女は必死に台本読みをして臨んでいる。しかも、完璧を求める性格なので、同じセリフでも発声や抑揚のつけ方などみずから考案した数種類を変化させて演じる熱の入れようです。ただ、本人は至って真面目に熱演していても、周りのスタッフは笑いをこらえるのに必死です」

 現在はコロナ禍により第3話で放送はストップしているが、田中の出番は今後ますます増えていくという。

「第4話では眼帯に背中をパックリ開けたウエディングドレス姿で結婚を迫る、艶やかかつ狂気の花嫁姿を披露してくれます。今後、緊急事態が解除され撮影が始まっても、序盤のように街なかなどで外ロケすることが難しくなることは確実。そうなれば、自然と室内でのシーンが増えることになるでしょうね。番組は深夜枠だけに、写真集で披露された田中の肌露出たっぷりのお色気シーンの出番となるのは間違いないところです」(芸能デスク)

 美ボディ濡れ場で、主演食いする田中の躍進は、淫ら発言でますます加速する勢いだ。

関連記事(外部サイト)