“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?

“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?

“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?

 ローカル路線バス乗り継ぎの旅ファンにまたしても朗報だ。6月3日、18時25分より「水バラ もう一度見たい!ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編」(テレビ東京系)として、太川陽介と蛭子能収のコンビによるバス旅を再放送することが決まった。

 放送されるのは第17弾。山口駅から高知県の室戸岬を目指す旅で、マドンナは宮地真緒。実はこの回、なかなか再放送されず「幻のバス旅」と言われたことがある貴重な旅なのである。

「15年にそれまでのマドンナを集めてバス旅を振り返る『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 大感謝祭』が放送されたのですが、13弾の田中律子と17弾の宮地真緒だけいっさい出演しなかったんです。山田まりややマルシアなどスケジュールの都合がつなかなかったマドンナはVTRでコメントを寄せたのに、この2人はそれもなし。番組と何か確執があるのではないかとファンの間で噂されていたんです」(テレビ誌ライター)

 田中はテレビ朝日系の「路線バスで寄り道の旅」に出演したことで、テレビ東京サイドを怒らせたと言われている。そのため大感謝祭に呼ばれなかったのではないかとささやかれた。実際、田中の第13弾は長く再放送されず、DVDにも収録されていない。一時は「お蔵入り」したとの説もあった。

 そんな前例があるだけに、宮地にもテレ東との確執が噂されたというわけだ。宮地の第17弾もなかなか再放送されず「幻のバス旅」言われたことがある。幸いにもBSではあるが再放送され、DVDにも収録されているが、今回の再放送が貴重であるのは間違いない。

「しかも第17弾は内容的に見てもターニングポイントとなった回なんです。バス旅はよく歩くことで知られていますが、それが定着した回。2日目、瀬戸内海を渡るのに約20キロも歩き、宮地が『路線バスの旅ってウソじゃんて思いました』と話しています。さすがの太川も音を上げていました」(前出・テレビ誌ライター)

 20キロも歩いたかいはあったのか。幻の旅をご自身の目で確かめてみてはいかがか。

関連記事(外部サイト)