吉岡里帆、アンチが黙り始めた“肌見せ拒絶”の薄まりと“バスト進化”

吉岡里帆、アンチが黙り始めた“肌見せ拒絶”の薄まりと“バスト進化”

吉岡里帆、アンチが黙り始めた“肌見せ拒絶”の薄まりと“バスト進化”

 女優の吉岡里帆が6月14日、自身のインスタグラムを更新。白のワンショルダートップスを着用した画像を公開した。

 これにはファンも大喜び。「うは! めちゃ艶っぽいな!」「相変わらずかわいいなー。なんかバスト成長してませんか?」「胸の膨らみ最高じゃん! 次はショルダーもおろしてくださいw」「色白美肌に悶絶した。これはかなりあざといよ」など、大反響を呼んでいる。

「ハッシュタグから、どうやら吉岡が披露したのは、週刊文春のグラビアのオフショットのようですね。相変わらずの色白美ボディにファンが歓喜しています。最近はグラビア活動よりも女優業が忙しく、肌の露出も控えめでしたが、久しぶりにみた吉岡の胸の膨らみが以前よりも成長しているように感じます。以前は推定Dカップとウワサされていましたが、現在はEカップはあるのではないでしょうか」(グラビア誌ライター)

 かつては極小水着姿を惜しげもなく披露し、グラビア誌を中心にブレイクした吉岡。しかし、その後、女優として名前が売れてくると、突然「本当は水着はやりたくなかった」などと発言し、アンチが急増したこともある。最近はようやくバッシングの声も下火になってきたようだが…。

「今でも“あざとい女”と言われることは多いですね。ただ、最近はインスタで肌見せの多いカットを披露することもあり、一時期のように水着を拒絶することはなくなったのでは。今後も少しずつ肌見せを続けていけば、アンチも減っていくと思いますよ」(前出・ライター)

 そのボディを全力解禁すれば、もはや向かうところ敵なしの人気女優になれるかも?(ケン高田)

関連記事(外部サイト)