天才テリー伊藤対談「山田邦子」(3)「私、いい体しているんですよ」

天才テリー伊藤対談「山田邦子」(3)「私、いい体しているんですよ」

天才テリー伊藤対談「山田邦子」(3)「私、いい体しているんですよ」

テリー コメントもいっぱい書き込まれるでしょう。

山田 読んでますよ。100%はちょっと無理ですけれど、できるかぎり返信もしていますし。

テリー 偉いなァ。

山田 もっとも、中には「ブス」「死ね」みたいな変なものもありますけど。そういうのも「バカ」だったら「バカでーす!」とか、「あんた誰?」だったら「綾瀬はるかに似ているからわからないと思いますけれど、山田邦子です」みたいな感じで返してますし。

テリー アハハハハ、さすがだね。

山田 そういうやり取りが楽しいんですよ。だって「バカ」って書いてきた人が「返事くれた」って喜んで、次は「ありがとう」って返してくれるんですよ。それってうれしくなりませんか。

テリー わかるよ、視聴者との関係がより生っぽくなるというかね。

山田 そうなんです。私がずっとやりたいと言っていた「新しいこと」って、きっとこういう感じなんだ、こんなに身近なことだったんだ、と気づかされたんですよ。

テリー じゃあ、邦ちゃんはYouTubeで伸び伸びとやれているんだ。

山田 あ、ひとつだけ引っ掛かった動画がありました。「パイズリ」について話した回はガツッと止まっちゃいましたね。この言葉を作ったの、実は私なんですけれど‥‥。

テリー えっ、「パイズリ」って邦ちゃんが作った言葉なの?

山田 そうです。

テリー ということは、当時パイズリしていたんだ。

山田 アハハハハ、していたんでしょうね、きっと。

テリー 邦ちゃんはいい体しているからな。

山田 ハハハハハ、その言い方がもはや。

テリー いやいや、邦ちゃんが自分から俺に言ってきたんだよ。「私、いい体しているんですよ」って。

山田 本当ですか? しかし、それ言われても、テリーさん困っちゃいますよね。

テリー 困るどころか、それから俺、邦ちゃんを見る目が変わったもん。

山田 バカだねぇ、テリーさんのことは尊敬しているけど、本当にバカだね(苦笑)。

テリー でも当時、マジな調子で言ってたよ。「私はお笑いだから、自分のいい体を見せられない」って。

山田 ああ、シラケちゃうからね。そういえば、欽ちゃん(萩本欽一)に「あんまり体の線がはっきり出るような服だとツッコミがしにくいね」って注意されたことがあったんですよ。

テリー すごいじゃん、欽ちゃんも翻弄されるボディだった、ってことだ。

山田 当時、(芸人たちは)みんなコントで裸になっていたでしょう。プライベートでもすぐ素っ裸になったんですけれど、(明石家)さんまちゃんだけは絶対脱がなかったの。「俺な、笑いが取れないほどアレの形がキレイなんや」って(笑)。だから「私と一緒だな」と思って。

テリー アハハハ、くだらなさすぎるよ!

山田 20歳からずーっとそういう環境で鍛えられていますからね。だから私、今でもあの頃の芸人さんの「竿」だけ見れば、誰だかわかりますよ。

テリー それ、すごいな。どこにも披露できない特技だけど(笑)。

山田 こういう話、めちゃめちゃ笑えるじゃないですか。でも、YouTubeだと全部ひっかかるのが、ちょっと寂しい。私に元気でハツラツとした明るいイメージを持っている人が多いみたいなんですけれど、よーく私を知っている人は下ネタが多いことも知っていますからね。

関連記事(外部サイト)