フット後藤輝基、「芸人やめようと思った」判断を委ねた松本人志の評価と影響力

フットボールアワーが『M-1グランプリ』回顧 後藤輝基は松本人志に引退の判断委ねる

記事まとめ

  • フットボールアワーの後藤輝基と岩尾望が『マルコポロリ!』で『M-1グランプリ』を回顧
  • 岩尾は第1回『M-1』の決勝で、松本人志と島田紳助さんの点数が低いのが堪えたと語った
  • 後藤は引退を考えたが翌年に準優勝し、松本に「面白い」と言われ嬉しかったと明かした

フット後藤輝基、「芸人やめようと思った」判断を委ねた松本人志の評価と影響力

フット後藤輝基、「芸人やめようと思った」判断を委ねた松本人志の評価と影響力

フット後藤輝基、「芸人やめようと思った」判断を委ねた松本人志の評価と影響力

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基岩尾望が、3月20日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演。「M-1グランプリ」について振り返る場面があった。

 この日の番組は「フットボールアワーSP」。コンビ結成秘話のあと、話題は「M-1」に移った。01年の第1回目から決勝進出していたフットボールアワーに対し、MCの東野幸治が「今、M-1は(最低点が)だいたい85点以上の感じ。何やったら88点以上の感じですけど、松本(人志)さんとか(島田)紳助さんは当時何点?」と質問。これに岩尾は「50点とか60点とか、僕らつきけられました」、後藤は「一番最初、55点とかやったかな。そんなんです」と返答した。

 続けて東野が「(点数は)悪いけど、みんなそんな感じなんでしょ。中川家とハリガネ(ロック)以外は」と言うと、岩尾は「みんなそんな感じですけど、特に松本さんと紳助さんの点数が低いというのが堪えました」と回想。

 後藤がここで、「僕は正直、やめようと思いましたね。この世界を…」と告白した上で、「もうやめようと思うけど、吉本はありがたいことに次の日から普通に劇場の出番がありますから。まず出なあかんということで、じゃあネタを作ろう、ネタの作り方を一掃しようと。僕が芸人やってていいのかどうか、次で判断してもらおうというぐらいの感覚。次の年でアカンかったらホンマにやめようと思ってました」と当時の心境を明かした。

 翌02年の第2回「M-1」で、フットボールアワーは「ますだおかだ」に次いで準優勝。後藤は「正直、(翌03年に)優勝した時より02年の方が嬉しかったです」とし、「松本さんも確か『面白い!』って言ってくれはったんです。それがメチャクチャ嬉しかった。(翌03年の)優勝より全然嬉しかった」とも振り返った。

「『M-1』に出場した芸人は、総合点数も大事ですが、松本が何点つけるかを重要視しています。ダウンタウンの影響でお笑いを志した芸人が多いからでしょうが、今回のフットの発言もそれを反映していると思いますね」(芸能ライター)

 松本のカリスマ性には改めて驚かされる。

(鈴木十朗)

関連記事(外部サイト)