土屋太鳳、「24時間テレビ」を救った“暴れバスト”の威力

【24時間テレビ】募金ランの土屋太鳳にネット歓喜 推定Eカップのバストが暴れる

記事まとめ

  • 「24時間テレビ」の募金ランに登場した土屋太鳳にネットが歓喜したという
  • 高橋尚子さんの持ち込み企画で「何でマラソンにこだわるの?」という声もあった
  • テレビウオッチャーは、土屋の胸について「お構いなしに暴れまくる迫力」と語った

土屋太鳳、「24時間テレビ」を救った“暴れバスト”の威力

土屋太鳳、「24時間テレビ」を救った“暴れバスト”の威力

土屋太鳳、「24時間テレビ」を救った“暴れバスト”の威力

 8月22日、23日に放送された、「24時間テレビ」(日本テレビ系)。

 今回は特にコロナ禍だったことから、舞台に大勢の出演者が並ぶなど“3密”状態になりがちなため、同番組の放送にあたっては決定直後から〈そこまでしてやる必要があるのか〉〈法外な出演料が発生するんだからチャリティーだけやっていればいい〉などといった批判が出ていた。

 そんな中、さらに決行によってブーイングが飛び交っていたのが、恒例となっているマラソン企画。当初は完全に中止と見られていたが、高橋尚子の“持ち込み企画”で、公道ではない1周5キロのコースを走るごとに10万円募金する「募金ラン」という形をとり、高橋が並走しつつアスリート系有名人5人がリレーするというものだったが、これにも〈何でマラソンにこだわるの?〉〈マンネリ内容を変える良い機会だったのに…〉といった声も上がっていた。

 しかし、そんな不評を吹き飛ばしたのが、第一走者だった女優の土屋太鳳である。

「今回の『24時間テレビ』のテーマが“動く”だっただけに、土屋が登場した際はタオの胸について《動く!》とネット上は歓喜に包まれましたね。土屋もその期待に応え、走り出したとたん、推定Eカップのバストがユッサユッサ。おそらくスポーツ用の肌着をつけていると思われるのですが、そんなのはお構いなしに暴れまくる迫力でした。後半、バテ気味になりながらも走り続ける汗だくの表情も、タマらないものがありましたよ」(テレビウオッチャー)

〈土屋のために観た〉という声も続出した「24時間テレビ」。タオ胸の魅力と威力、恐るべしである。

関連記事(外部サイト)