ベッキー、いまだ悩む“失った好感度”と“キャラ変”

ベッキーのYouTubeチャンネルに千秋が出演 「好感度」巡る発言にベッキー戸惑いも

記事まとめ

  • 千秋がベッキーのYouTubeチャンネルに出演し「好感度」について話した
  • 千秋は「ベッキーは好感度気にして生きてたもんね?」と質問
  • ベッキーは、今後について「ちょっとずつ集めていこうかと」と、回答した

ベッキー、いまだ悩む“失った好感度”と“キャラ変”

ベッキー、いまだ悩む“失った好感度”と“キャラ変”

ベッキー、いまだ悩む“失った好感度”と“キャラ変”

 芸能界で売れるためには、個性豊かなキャラクターも重要なファクターとなる。「コリン星からやって来た」小倉優子や、TBSのアナウンサー時代に極端なぶりっ子キャラを演じていた田中みな実しかり。しかし現在、小倉はレシピ本も出すなど料理上手をウリにしたママキャラ、田中はフリーに伴い、ぶっちゃけ発言でブレーク…と、見事“キャラ変”して芸能界を生き抜いている例もある。

 タレントの千秋は、デビューの頃から、その“子供っぽい可愛らしさの元気キャラ”に変わりがないようで、タレント・ベッキーのYouTubeチャンネル「ベツキイ!!!!」の、4月1日付投稿回に出演した際、「好感度を気にしたら負けだ…じゃないけど、CM取りに行くために(キャラ変)はいっか…」と心中を吐露。生前の飯島愛さんと、「(互いの)共通点は好感度全然気にしないことだよね」などと会話を交わした思い出話を口にした。

 すると、「たぶん今観てる人は、ベッキーは好感度気にしながら生きてきたもんねっていう目線をすっごい感じるんですけど…」と、戸惑い気味にカメラに視線を向けたベッキー。

 ベッキーは〈好感度NO.1タレント〉と評された時期もあり、2016年、川谷絵音との不貞が報じられるまでは、バラエティ番組だけでなく、ドラマ、CMにと引っ張りだこ状態だった。

 改めて千秋から「ベッキーは好感度気にして生きてたもんね?」と問われると、思いきり気にしていたことを明かし、今後について「ちょっとずつ集めていこうかと」としていたベッキー。“好感度ゼロ”からのキャラ変をどうするのか。今後に注目したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連記事(外部サイト)