「わたナギ」特別編に寄せられてしまった「まさかの期待外れ」反響のワケ

多部未華子主演の『私の家政夫ナギサさん』特別編の展開に視聴者から期待外れとの声

記事まとめ

  • 『私の家政夫ナギサさん』特別編が9月8日に放送され、平均視聴率は14.9%だった
  • しかし、視聴者から「最初と最後のシーン以外は今までの総集編」など、不満が殺到した
  • 同作は多部未華子が主演を務め、大森南朋、高橋メアリージュン、岡部大らが出演した

「わたナギ」特別編に寄せられてしまった「まさかの期待外れ」反響のワケ

「わたナギ」特別編に寄せられてしまった「まさかの期待外れ」反響のワケ

「わたナギ」特別編に寄せられてしまった「まさかの期待外れ」反響のワケ

 多部未華子主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の「新婚おじキュン! 特別編2Hスペシャル!」が9月8日放送され、平均視聴率は14.9%だった。

 9月1日の最終回では、ナギサ(大森南朋)の本社異動が決まり、家政夫が継続できないと知らされた相原メイ(多部)は、お試し結婚をしようと提案する。だが、2人の関係性は夫婦というよりも、家政夫と雇用者の域を出ることはなかった。一度は離れる2人だったが、たがいの“好き”という気持ちに気付き、あらためて新婚生活をスタートしたのだった。

 そして、スペシャル版冒頭では、朝の激しい夫婦ゲンカから始まる。メイの目覚ましの音が大きすぎると言うナギサ。ナギサのイビキがうるさいと言うメイ。そこから、相手への不満が爆発する。

 この展開に視聴者からは「最初と最後のシーン以外は今までの総集編になっていました。楽しみだったから残念です」「もう少しラブラブなところが見たかった」「話し方もライフスタイルも結婚前とほとんど同じ。新婚に見えなかったし夫婦にも見えなかった」などという反響があり、「期待外れ」だったという不満が残ったようだ。

「本編の最終回平均視聴率は19.6%。制作サイドはスペシャルで大台の20%超えを期待していたようですので、こちらも、いささかガッカリしたんじゃないですか」(芸能ジャーナリスト)

 メイの同僚・陶山薫(高橋メアリージュン)と堀江耕介(岡部大)、瀬川遙人(眞栄田郷敦)と天馬あかり(若月佑美)の恋模様も描かれたため、その後の展開を期待する声も。はたして続編やスピンオフはあるのか。

関連記事(外部サイト)