明石家さんま、加藤綾子の「妊活」「つわり」イジりに珍しく出た“冷ややか反応”

明石家さんまが加藤綾子に妊娠ネタ繰り返し厳しい指摘 「ちょっと聞くに堪えない」

記事まとめ

  • 「ホンマでっか!?TV 春の2時間SP」(フジテレビ系)に加藤綾子が最後の出演
  • 明石家さんまは「妊活やな!」「つわりが出たら面白い」などと妊娠ネタを繰り返した
  • 視聴者からは珍しく「やっぱり時代遅れか」「女性視聴者にとっては微妙だろう」と批判

明石家さんま、加藤綾子の「妊活」「つわり」イジりに珍しく出た“冷ややか反応”

明石家さんま、加藤綾子の「妊活」「つわり」イジりに珍しく出た“冷ややか反応”

明石家さんま、加藤綾子の「妊活」「つわり」イジりに珍しく出た“冷ややか反応”

 4月6日に放送された明石家さんまがMCを務めるバラエティ番組「ホンマでっか!?TV 春の2時間SP」(フジテレビ系)で、長年アシスタントを務めてきたフリーアナウンサーの加藤綾子に対するさんまの発言が物議を醸している。

 番組がスタートした2009年からアシスタントを担当してきた加藤は、この日が最後の出演になることをサプライズ発表。「お仕事を平日もやっていますし、家族と…」と、家庭の時間を増やしたいと説明するや、さんまは「2人の時間が欲しい。要するに妊活やな!」とズバリ指摘。このストレートな分析にも百戦錬磨の加藤は「そうですね。もし今後、妊娠したときに、『ホンマでっか』だとさんまさんの隣って酸素薄いんですね。急に『つわりが…』っていうのもご迷惑をかけるなというので、いいタイミングでと思いまして」と、さすがの対応を見せた。

 加えてさんまは、「つわりが出たら面白い。テレビ史上初めてのこと」などと妊活ネタを続行。加藤はそれに、「これは危ないな。ここまで笑いにするのか」とこれも上手くかわし、まったく動揺を見せない姿にSNS上で称賛の声があがったのだが、一方でしつこく妊娠ネタを繰り返すさんまには、冷ややかな指摘が相次いだのだ。

「さんまの番組を観ている視聴者はもちろん、基本的にさんまファンが多く、言い過ぎとも思えるコメントも“さんまだから”とスルーされることが多い。しかし今回に関しては、女性にとっては非常にデリケートな話ですし、つわりをネタ扱いした感覚に違和感を覚えた人は多い様子。さんまにしては珍しく、批判的な反応が広がっていましたね」(女性誌ライター)

 SNS上では、「“つわりが出たら面白い”はちょっと聞くに堪えない」「さんまは感覚が若いと思ってたけど、こういうこと聞く時点でやっぱり時代遅れか」「いくらカトパンと仲がいいと言っても、あの発言は女性視聴者にとっては微妙だろう」と手厳しい指摘も。

 加藤も内心、どう思っていたか気になるところだ。

(山田ここ)

関連記事(外部サイト)