黒島結菜が魅せた映画での色香シーン(3)東出昌大との意外な関係

黒島結菜『明け方の若者たち』でベッドシーン解禁 東出昌大との意外な関係に懸念も

記事まとめ

  • 黒島結菜が、朝ドラの放送を前に『明け方の若者たち』で、ベッドシーンを解禁した
  • 尾野真千子は『真幸くあらば』で完脱ぎし、翌年の『カーネーション』で主演し話題に
  • 黒島は、唐田えりかとの不倫が発覚した東出昌大との関係だけが懸念材料と指摘も

黒島結菜が魅せた映画での色香シーン(3)東出昌大との意外な関係

黒島結菜が魅せた映画での色香シーン(3)東出昌大との意外な関係

黒島結菜が魅せた映画での色香シーン(3)東出昌大との意外な関係

 朝ドラの放送を前にベッドシーンを解禁したのはなぜか。映画評論家の秋本鉄次氏はこんな見解を寄せる。

「NHKにとってベッドシーンのキャリアはマイナスどころか、宣伝効果を考えれば大きなプラスですよ。実際、尾野真千子(40)は10年公開の『真幸くあらば』(T-JOY)で完脱ぎし、翌年の『カーネーション』で主演を務めました。朝ドラの前後にカラミが話題になるケースは珍しくありません」

 続けて黒島の艶技に称賛を送りつつ、さらなる進化を求めるのだった。

「『明け方の若者たち』では20代半ばにして大人の色香を放ち、とても初めてのベッドシーンとは思えなかった。若くして完脱ぎを果たした吉高由里子(33)の系譜と言えますが、個人的には出身地の沖縄と朝ドラヒロインという共通項から、18年公開の『リバーズ・エッジ』(キノフィルムズ)で乳首を堂々とさらした二階堂ふみ(27)を目指してほしいですね」

 朝ドラの先輩を超える濡れ場女優に──。アツい「エール」が届かんことを。

 さて、NHKドラマに欠かせないのが身体検査。沢尻エリカ(36)が薬物事件で20年の大河ドラマを電撃降板したのは記憶に新しい。

「仕事ぶりはいたってマジメ。挨拶もしっかりするので現場ウケは抜群です」

 芸能プロ関係者はこう語った上で、たったひとつの懸念材料を明かす。

「東出昌大(34)ですよ。黒島が上京後、仕事の相談に乗ったり、芸能人御用達のお店を教えたりと、何かとバックアップしたのが東出でした」

 東出は20年1月に女優・唐田えりか(24)との不倫が発覚。その後も女性トラブルに見舞われ、今年2月にはとうとう事務所をクビになってしまった。

「芸能界から総スカンの東出を兄のように慕っていたそうで、周囲からは『男を見る目がない』と指摘する声も。19年公開の『カツベン!』(東映)で共演した高良健吾(34)と恋人関係になりましたが、交際当初は変装することもなく、渋谷で堂々と街ブラデートを楽しんでいたようですからね。男が絡むと、周りが見えなくなるタイプのようなんです」(芸能プロ関係者)

 ハツラツ演技で日本の朝を盛り上げる一方で、夜はどんな体勢で男を受け入れるのか。期待と妄想は尽きない。

関連記事(外部サイト)