「Hバストグラドル」清水あいり、「肌着100枚ばき達成も“二度とイヤ”」の深意!

「Hバストグラドル」清水あいり、「肌着100枚ばき達成も“二度とイヤ”」の深意!

「Hバストグラドル」清水あいり、「肌着100枚ばき達成も“二度とイヤ”」の深意!

 バストサイズHカップを誇るグラドル清水あいりのYouTubeチャンネル〈清水あいりのおイタがすぎまんねんTV〉でのチャレンジぶりが話題を呼んでいる。

 8月4日投稿〈【本気の挑戦】〉とタイトルに前置きした投稿では、琉球空手歴12年の清水が板割り連続100枚に挑戦。手の痛みや腫れにもめげずの100枚達成に〈ずっと美しくてかっこよかったです!!!感動的〉〈何度もやめてと声をだしてしまいました。泣けました〉と、視聴者から感動のコメントが続々届いた。

 すると今度は〈100〉は〈100〉でも、男性用の白いブリーフ100枚履きに挑戦するといったユニークな動画を、9月11日に【初体験】と前置きし、人前でブリーフをはくのは恥ずかしいという意味のタイトル付けをして、投稿したのだ。

 上下セパレートタイプの白黒模様の水着姿、深い胸の渓谷やくびれたウエストを見せつける圧巻の艶っぽいスタイルで登場となった清水は、1枚目のブリーフに足を通すと、手を止め、ブリーフを「はくとこって、めっちゃ恥ずかしいねんけど。こんな恥ずかしいものだっけ…はけない…」と恥じらい、スタッフの笑いを大いに誘った。それでも板割り動画同様、「こんな姿ファンの人に見せられないよ」と、発言しつつもめげずに枚数を重ね、下腹部周辺が自力でははけなくなるまで巨大なオムツをつけたようにパンパンに膨れ上がった。結局、スタッフの力を借りてなんとか100枚達成となった。

 しかし清水の表情に達成感はみじんもなく、「もう2度とやりたくないお仕事NO.1です」と、疲労感を漂わせた。しかし視聴者のコメント欄には〈どうやって脱いだのか気になるw〉〈100枚ぬがはるとこも見たかったでぇ〉と続編を期待する声が続々あがった。

 バラエティの世界には〈ネタ振り〉という言葉がある。2度とやりたくないは、2度目があると解釈してよろしいですよね、清水さん…?

(ユーチューブライター・所ひで)

関連記事(外部サイト)