松岡茉優、三浦春馬との「4話完結」“キュンキュン演技”で迎える女優正念場!

松岡茉優、三浦春馬との「4話完結」“キュンキュン演技”で迎える女優正念場!

松岡茉優、三浦春馬との「4話完結」“キュンキュン演技”で迎える女優正念場!

 松岡茉優が主演を務めるドラマ「お金の切れ目が恋の始まり」(TBS系)の初回が9月15日に放送され、世帯平均視聴率11.6%と2ケタ発進だったことがわかった。放送中にツイッターでは「#カネ恋」がトレンド1位に輝くなど、早くも大きな話題を呼んでいる。9月22日放送の第2話は、9.1%だった。

「このドラマは、物にも恋にも一途な、おもちゃメーカーに勤める清貧女子、九鬼玲子(松岡)と、その会社の御曹司でお金にルーズな浪費男子、猿渡慶太(三浦春馬)、正反対の価値観を持つ2人の“ジレきゅん”ラブコメディです。去年、金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)を手掛けた脚本家・大島里美氏のオリジナル脚本で、このドラマで松岡はTBSの連ドラ初主演を飾っています」(芸能ライター)

 第1話では、慶太の度を超した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が激怒。お金の勉強のために経理部に移動、玲子は慶太の指導係に任命されるという展開。キュートな慶太と可愛い玲子のやりとりに、ネットでは早くもキュンキュンコメントが殺到していた。

「7月18日の三浦の死去を受けて、最悪の場合はお蔵入りの可能性も報じられましたが、『三浦春馬の最後の作品をお蔵入りさせるべきではない』という声が高まり、全8話の予定だった物語を4話完結にして台本を練り直し、放送されることになりました」(週刊誌記者)

 残念ながら2話で、数字を落としてしまったが、4話完結の同ドラマは早くも後半に入る。終盤への盛り上がりに期待したいが、松岡としても次回作に向けて確かな爪痕を残しておきたいはずで、これからがまさに「正念場」だ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)