各局女子アナ 白熱する「新人王争い」を実況中継(3)テレ朝・渡辺瑠海は弘中アナの後継者として期待

各局女子アナ 白熱する「新人王争い」を実況中継(3)テレ朝・渡辺瑠海は弘中アナの後継者として期待

各局女子アナ 白熱する「新人王争い」を実況中継(3)テレ朝・渡辺瑠海は弘中アナの後継者として期待

 キー局最多となる3人の新人女子アナを採用したテレビ朝日。例年、新人アナのお披露目は他局よりも早い。だが、今年はなんと「入社前デビュー」となった。最速でテレビに登場したのが、テレビ朝日の安藤萌々(もも)アナ。4月1日から「グッド!モーニング」に出演中なのだ。

「その期待の高さのせいか、スキャンダル対策も尋常ではありません。かつて『将来のエース』と期待されながら、不倫問題で失脚した田中萌アナ(29)の悪影響を受けないように『純真な安藤を田中に近寄らせるな』との声が局内から出ているんです。もっとも、本人たちはしょっちゅうコソコソ話をしているそうですが‥‥」(構成作家)

 将来のエース候補のスキを突いて、赤丸急上昇中なのが同じくテレ朝の渡辺瑠海(るみ)アナ(23)だ。同局関係者によれば、

「表情としぐさが『入社当時の弘中綾香アナ(29)に似ている』と話題になったんですが、弘中アナも『昔の私に似ている』と口にし始めて、新人の中でもひときわかわいがっている様子です。これまで弘中アナが独占していた『スーパーロリ顔』枠の正統な後継者に成長してほしい。弘中アナには根強く『フリー転身説』が流れているので、仮にそうなっても『渡辺アナが入社したことで、社内の“弘中ロス”が薄らぐ』と言われるぐらい期待されています」

 度胸にエロス、そしてロリ顔まで百花繚乱の民放に対して、NHKからも新人王を狙う逸材が送り込まれている。同局関係者がこう力説する。

「今年入局した岩崎果歩アナ(23)は、人呼んで『NHKの至宝』。子役から大学1年生まで芸能活動をしていて、グラビアで水着を披露したほどの美貌を誇っているからです。現在は富山放送局に配属されていますが、『同期8人の中で、最速で東京アナウンス室に異動になる』と評判です。また福岡放送局の庭木櫻子アナ(28)も来年度の東京転勤が確実視されている逸材です。すでに全国区の番組に出演していますが、過去に『宝くじ幸運の女神』を務めていたこともあり、ある役員からは『運気を上げるアナ』と呼ばれています」

 シーズン終了後、新人王の栄冠はどの美女の頭上に──。

関連記事(外部サイト)