橋本環奈、「ルパンの娘」でのセーラー服姿に「可愛すぎてヤバい!」大絶賛の声

橋本環奈、「ルパンの娘」でのセーラー服姿に「可愛すぎてヤバい!」大絶賛の声

橋本環奈、「ルパンの娘」でのセーラー服姿に「可愛すぎてヤバい!」大絶賛の声

 10月15日に第2シーズンがスタートしたドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)。苦難を乗り越えて結ばれた主人公・華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)をはじめ、泥棒一家「Lの一族」の主要キャストは今回も登場。さらに新キャストとして加わり、注目を集めているのが橋本環奈だ。

「橋本が演じるのは、探偵一家の娘・北条美雲。『昭和のホームズ』と呼ばれた祖父・宗真に探偵の知識を叩き込まれた秘蔵っ子です。しかし、かつて裕福だった北条家はある事件に巻き込まれ、美雲は莫大な借金を背負うハメに。宗真の『自分に何かあればLの一族を追え』という言葉を聞いた美雲は、この事件の犯人がLの一族に違いないと、復讐の炎を燃やしています」(芸能ライター)

 第1話では、中学生時代の美雲が宗真に探偵の手ほどきを受ける場面が登場。おさげ髪でセーラー服姿の橋本に、大きな反響が寄せられたのだ。

「現在21歳の橋本は、中学生の役を演じるにあたり『最初は中学生から始まるので、正直、大丈夫かなと(笑)』とコメント。しかしそんな心配は取り越し苦労。視聴者からは称賛の声があがっています」(スポーツ紙記者)

 ネット上では「かわいすぎてやばい」「さすが1000年に1人の逸材」といったコメントや、「『家なき子』の安達祐実みたい」と、1994年に放送され安達の代表作となったドラマ「家なき子」(日本テレビ系)を引き合いに出す声も。橋本は、10月22日放送の第2話では高校生役に挑戦しているので、こちらも楽しみだ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)