岩田絵里奈「ポスト水卜」争いで「当確ランプ」が灯った意外な事情とは

日本テレビ水卜麻美アナの後継者レースに注目 岩田絵里奈アナが限りなく当確近づく?

記事まとめ

  • 日本テレビ・水卜麻美アナウンサーの「後継者レース」に注目が集まっているという
  • 元乃木坂46の市來玲奈アナや岩田絵里奈アナ、石川みなみアナらがひしめき合っている
  • 「岩田アナが限りなく当確に近づいている」と日本テレビ関係者と明かしている

岩田絵里奈「ポスト水卜」争いで「当確ランプ」が灯った意外な事情とは

岩田絵里奈「ポスト水卜」争いで「当確ランプ」が灯った意外な事情とは

岩田絵里奈「ポスト水卜」争いで「当確ランプ」が灯った意外な事情とは

 日本テレビ・水卜麻美アナの「後継者レース」に耳目が集まっている。

「24時間テレビ」の総合司会を8年連続で務めるなど絶対的エースとして君臨する彼女も、今年4月で35歳に。

 近年、同局内では世代交代の必要性が指摘され「ポスト水卜」を巡る争いがヒートアップしているのだ。日本テレビ関係者が語る。

「若手アナは粒揃い。元乃木坂46メンバーの肩書で華々しく入社した市來玲奈アナを筆頭に、水卜アナの後釜として『スッキリ』のサブ司会に抜擢された岩田絵里奈アナ、入社2年目で『ゼロイチ』の進行を任される石川みなみアナら、次期エースの役割を期待されるアナがひしめき合っています」

 今後、数年で決着がつくとみられる激戦について、この日本テレビ関係者は続けて、

「このところ、岩田アナが限りなく当確に近づいているんですよ」

 と明かすのだ。視聴者人気だけをみれば、市來アナや石川アナが次期エースとなっても違和感はないが、なぜ岩田アナに当確ランプが灯ったのかといえば、

「岩田アナにとってのネガティブな事情が、逆にバラエティー番組での重用につながっているのです。一部のメディアでは報じられていますが、実は岩田アナは、親族が代表を務める不動産管理会社の取締役。そのこと自体は局内で認められているものの、報道スタッフからは『公平性の観点から、硬派な報道番組のキャスターとしては使えない』との意見が出ているのも事実。結果、報道色の薄いバラエティー特番でのMC起用など、目立つ出演が増える状況が生まれているんです」(前出・日本テレビ関係者)

 エース争いの行方を注視したい。

(山倉卓)

関連記事(外部サイト)