「七人の秘書」好調キープの秘密はバストとドSキャラ祭りにアリ!?

「七人の秘書」好調キープの秘密はバストとドSキャラ祭りにアリ!?

「七人の秘書」好調キープの秘密はバストとドSキャラ祭りにアリ!?

 11月12日に放送された第4話の世帯平均視聴率が14.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だった、木村文乃主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)。初回から13.8%と好スタートを切り、第2話は13.7%、第3話は13.4%。今回は1.4ポイントアップし、過去最高を記録した。

 同ドラマは、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」を手がけた人気脚本家・中園ミホ氏のオリジナル作品。木村演じる元銀座のナンバーワンホステスで、現在は派遣秘書の主人公・望月千代や、広瀬アリス演じる銀行頭取秘書、菜々緒演じる警視庁の警務部長秘書らが理不尽な悪を暴いていくという“必殺仕置人”を思わせるストーリー。

「痛快な展開が好評になっていますが、高視聴率の一番の理由は、木村や広瀬、大島優子ら女優陣の魅力でしょうね。初回から水着シーンが盛り込まれており、彼女たちの美バストに注目が集まりました。30代の女盛りの水着姿はまさに垂涎モノ。菜々緒は番宣で『モーニングショー』に出演した際、『私、泳げるんですけど、めちゃめちゃスタミナがなくていつもバテながらやってます』と撮影の裏話を披露しましたが、鍛え抜かれた抜群のスタイルに、視聴者からはため息が漏れていたようです」(エンタメ誌記者)

 ネット上でも「女性たちがみんなドSなのがいい。特に菜々緒の警察官役は最高」「水着とか柔道着とか、魅力のコスがてんこ盛りだよね。次は何に扮するのか楽しみ」などと大反響を呼んでいる。

 今年の秋ドラマは、苦戦を強いられている作品がほとんどだが、「七人の秘書」はまさに絶好調。次回も視聴率アップは間違いないだろう。

(ケン高田)

関連記事(外部サイト)