2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)仲本工事が「ツイッタの電源の切り方を教えて」

2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)仲本工事が「ツイッタの電源の切り方を教えて」

2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)仲本工事が「ツイッタの電源の切り方を教えて」

 小金沢くんが酒気帯び運転で逮捕。俺、たまたまケータイ見てたの。「小金沢が!?」って言ったら、みんながケータイ見だして「何、何、何?」って言ってたわけよ。だから、「待て。見るな」って、俺だけ知ってるわけだよね。「さあ、小金沢くんは何で捕まったんでしょう?」って(笑)。

 小金沢クイズ(笑)。

 「ワイセツ!」「クスリ!」「ひき逃げ!」だって。ブーブーって(笑)。

 玉袋、時々やるんだよ。「えっ、三原じゅん子が?」とか言うんだよ。と、みんな「どうした、どうした」って、全然、そんな事実はないんだけど。しかし、そのクイズで小金沢くんっていうのは、絶妙な人選だよ。

 その日、コンバットRECと一緒だったけど、ガッカリしてましたよ。「えっ、黒い交際じゃないの。なんだよ」みたいな。

 ホント、見た目からして何の罪でしょうっていう。

 演歌の人たちはまだ昭和で生きてるから。山本譲二さんとか、角川博さんとかさ、いいエキスがぷんぷん漂ってくるよね。伊藤健太郎がひき逃げで逮捕。そう考えたら、同じひき逃げで引退した吉澤ひとみっていうのもね、全然出てこない。ホントに引退したんだね。

 仲本工事、堺正章、いろんな流れに便乗した人たちがツイッターを始めましたけど、全員痛々しいというか。

 仲本工事さんは「ツイッタの電源の切り方を教えて」というツイートしてた。

 あざとい。「ツイッター」って書いてないんですよ。

 あの流れは、長州さんの「ハッシュドタグ」からだよね。ああいう路線で成功したから、みんな、ネタで行こうとする。

 そうそう、わざと間違えるのがいいぞっていう。仲本工事の「この年でまた子供ができました」って。あれ、最悪でしたよね。

 ネコの子供が生まれたという。

 アイドルでもやっちゃいけないヤツ。

 誰かブレーンがいるんでしょ。

 ちなみに泰葉のマネージャーとかやってた人。泰葉取材の現場にいた人ですよ、あの人は。地下アイドルの運営やってて、なぜか泰葉のサポートやってた人が今、仲本さんのサポートをやってる。あと、最近のニュースでひどかったのは、へずまりゅうの元カノ32歳が懺悔ヌードっていうのも。死ぬほどどうでもいい記事でしたよ(笑)。

 懺悔しなくていいよ(笑)。

 「首里城での寄せ書き炎上映像、私が撮ったものです」って。ホントひどかった。

 それにしても、懺悔ヌードって久々に聞いたな。 

 せいやのZoomオナニーの記事を書いた文春オンラインを吉本が訴えたことに対して、さんまさんが「ああいうのはお笑いで返すもんや」と怒ってましたけど。

 せいやも笑いに変えてたし、いじられ続けてたし、どう考えてもあれで終わりですよ。20年の一番の衝撃は、吉本が「ウチは辞めた人に圧力をかけません」というルールを発表したこと。ということは、今まではやってたんだろうなっていう(笑)。

 サブロー・シローさんね。

 洋七師匠もだよ。まだテレビに復帰してない宮迫は?

 あくまでも「今後」なんだと思うんですよ。前田五郎さんにも(吉本が)それを言いましたよ。「ホントに俺はひどい圧力かけられた」って言ってたけど、「たぶんもう大丈夫だと思う」って。

 だけど、豪ちゃんのいちばん新しい本「超・人間コク宝」(コアマガジン)、前田五郎さんの章はクレームが来そうな気がするんだけど。

 何もない。たぶんチェックがザルなんですよね。

<座談会メンバー>

水:水道橋博士(1962年生まれ、岡山県出身)/玉:玉袋筋太郎(1967年生まれ、東京都出身)/吉:吉田豪(1970年生まれ、東京都出身)/内:内山信二(1981年生まれ、東京都出身)

関連記事(外部サイト)

×