モノマネはOKでも…関根勤が長嶋茂雄に完全無視された「プロ野球ギャグ」

モノマネはOKでも…関根勤が長嶋茂雄に完全無視された「プロ野球ギャグ」

モノマネはOKでも…関根勤が長嶋茂雄に完全無視された「プロ野球ギャグ」

「長嶋(茂雄)さん、スポーツを愛してるから、スポーツを冒涜するようなことをしてはいけないんですよ」

 こう切り出して、ミスターのエピソードを振り返ったのは、タレントの関根勤である。自身のYouTubeチャンネル〈関根勤チャンネル〉の「【伝説】ミスタージャイアンツ長嶋茂雄とのマル秘エピソード」と題した投稿回(5月14日)だ。

 それは徳光和夫がMCの番組で共演した時のこと。ミスターのモノマネを披露すると「私より似てますね」と歓迎ムードで、和気あいあいと番組が進行する。そして話題はメジャーの球宴へと移る。

 球団数が多いことで面識のない選手もおり、ファンがユニフォームを着て選手同士のキャッチボールに紛れ込んでいた、といった驚きのニュースを取り上げる。そこで笑いを取ろうと、ここぞとばかりに関根がこう言い放った。

「ピッチャーズマウンドの芝のところで、芝を(体に)つけて、寝て、下から自分の好きなピッチャーのピッチングフォームを見てて、捕まっちゃったりなんかしてね」

 するとミスターのリアクションについて、関根は、

「タモリさんだったら『んなことないよ!』。さんまさんだったら『バレるに決まってるやろ!』って。長嶋さんの場合、おふざけはやっぱりダメだった。スルーって感じ…」

 結局は「ん〜」と流されてしまったのだ。さすがの関根も「う〜ん、どうでしょう」とは切り返せなかったようである。

(所ひで/ユーチューブライター)

関連記事(外部サイト)