岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

"飛び降り死"岡田有希子さん「遺書」の中身 ドラマで共演した峰岸徹さんの名前も

記事まとめ

  • ガス自死未遂後、屋上から飛び降り死亡した"ユッコ"こと岡田有希子さん
  • 峰岸徹氏宛の遺書らしきものがあったことから「失恋による自死」として騒然となった
  • 事件から5カ月後、岡田さんの母は手記で、峰岸氏に対し「申し訳ない」と記している

岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 1986年4月8日の昼過ぎ、編集部に私宛ての電話が入った。相手は飲み仲間である某全国紙社会部記者。受話器を取ると、彼がうわずった声でこう話してきた。

岡田有希子が病院に運び込まれたって、共同(通信)の速報が流れたんだけどさ。何かつかんでる?」

 まだSNSどころか携帯電話すらない時代。各新聞社には「ピーコ」と呼ばれる、通信社から速報を伝えるスピーカーがあり、それを受け記者たちが一斉に現場へ飛んでいく、そんな時代だった。さっそく、岡田が所属するサンミュージックがある四谷4丁目までタクシーを飛ばすと、事務所ビル前にはすでに黒山の人だかりができていた。

 この年の3月、岡田は堀越高校卒業を機に、下宿していたサンミュージック・相澤秀禎社長宅を出て、南青山にあるマンションでひとり暮らしを始めたばかりだった。

 この日の午前9時過ぎ、岡田はマンションでガス自死を図っていた。住民に取材すると、

「ガスの臭いに気付いた上階の方が自治会長に連絡しました。ただ、ドアチェーンがかかっていて、中に入れない。で、110番通報。駆け付けた警察官がチェーンを切って中に入ると、左手首から血を流して倒れている岡田さんを発見した」

 病院に運ばれた岡田は、手首を4針縫う全治10日間との診断を受けた。所属事務所の福田時雄専務によれば、

「ユッコを連れて事務所に戻り、6階の社長室で社長の到着を待つことになった。でも、彼女は泣きじゃくるばかり。社長から電話が入り、私が席を外した瞬間に『ちょっとティッシュを取ってくる』と…」

 そのまま屋上へと出る踊り場へ駆け上がった岡田は、病院から履いてきたスリッパを揃えると、屋上から飛び降りたのである。黒いタイトスカートに黒いブラウス。まだ18歳だった。

 彼女の死後、ドラマで共演していた俳優・峰岸徹宛に〈待っていたけど、あなたは来てくれなかった〉との遺書らしきものがあったことから「失恋による自死」として騒然となった。

 同夜、TBS前で緊急会見した峰岸は、

「僕は兄貴のつもりでしたが、彼女にはそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。そういうことがあったとしたら、僕にも責任はあると思います」

 と、苦渋の表情を浮かべた。だが、2人が恋愛関係にあるとは思えなかった。

 事件から5カ月後、岡田の母の手記には、遺書の中に峰岸の名前が書かれていたのは事実だが、娘の死を予感させるものはなく、峰岸に対して様々な憶測が流れたことについて〈申し訳なく、またお気の毒でなりません〉と記されていた。やはり、岡田の一方的な恋心だったのだろうか。

 その後、真意を聞くために何度か峰岸の自宅を訪ねたが、

「僕の口からお話しできることは何もありません」

 と口を閉ざしたまま。その峰岸も、2008年に亡くなった。

 岡田は現在、愛知県愛西市にある成満寺に眠っているが、今もなお、ファンからの供花が絶えることはない。

山川敦司(やまかわ・あつし):1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

関連記事(外部サイト)