ザキヤマの「街道歩き旅」はタイトルを変えろ!歩かずバスとタクシー乗車の「あぁ楽ちん」

『ザキヤマの街道歩き旅』の最新回を放送へ 「どんどん簡単になる」とファンから指摘

記事まとめ

  • テレビ東京系『ザキヤマの街道歩き旅』の最新回が7月9日に放送される
  • しかし、街道歩き旅には「楽をしようとしている」との指摘が上がっている
  • 以前は6日間かけて歩き倒していたが、現在はバスやタクシーが利用できるようになった

ザキヤマの「街道歩き旅」はタイトルを変えろ!歩かずバスとタクシー乗車の「あぁ楽ちん」

ザキヤマの「街道歩き旅」はタイトルを変えろ!歩かずバスとタクシー乗車の「あぁ楽ちん」

ザキヤマの「街道歩き旅」はタイトルを変えろ!歩かずバスとタクシー乗車の「あぁ楽ちん」

 街道を歩いてゴールを目指す「ザキヤマの街道歩き旅」の最新回が、7月9日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で登場する。

 今回は長野県の軽井沢をスタートし、長野市の善光寺を目指す。どの街道を通るのかは発表されていないが、中山道から北国街道を通るとみてよさそうだ。

 だが、熱心なファンからは「楽をしようとしている」「どんどん簡単になる」との指摘が上がっているのだ。その理由を、テレビ誌ライターはこう説明する。

「街道歩き旅の前回は3月5日に放送され、ザキヤマたちは中山道の浦和宿から高崎宿までを歩きました。その流れでいけば、今回は高崎宿から長野県の軽井沢宿を踏破してほしいもの。ところがこの区間は碓氷峠がある難関ゆえ、避けたようです。必死になって挑む姿を見たかったのですが…」

 そもそも街道歩き旅のメインが山崎弘也になった時点で、楽になったとの指摘もある。

 以前の街道歩き旅は、タレントが駅伝形式で6日間をかけて歩き倒すもの。歩いている途中で出会った一般人と物々交換をする、というルールまで加わった。

 ところが現在は、旅の予算が許す限りバスに乗ることができ、機会は限られるが、タクシーまで利用できるようになった。

「もはや街道歩き旅ではなく、街道バス旅だという指摘も。あまり歩かないので、ザキヤマたちが頑張っていると感じられない。次はもっと厳しくしてほしいという意見がありましたが、その声は届かなかったようですね」

 土曜スペシャルの旅番組のひとつ「鉄道沿線ひたすら歩き旅」は、鉄道を利用してもいいことになり、タイトルを「鉄道沿線歩き旅」に変えている。街道歩き旅もその時かもしれない。

関連記事(外部サイト)