ホラン千秋、透けニットもCカップ強調も“お構いなし”の有難い「干物性格」

ホラン千秋、透けニットもCカップ強調も“お構いなし”の有難い「干物性格」

ホラン千秋、透けニットもCカップ強調も“お構いなし”の有難い「干物性格」

 タレントのホラン千秋が、自身がメインキャスターを務める「Nスタ」で美バストぶりを披露し、ファンを喜ばせた。

「その日のホランは、薄紫のニットに茶のロングスカート。一見、報道番組に合わせた地味に思える服装なのですが、張り出した推定Cカップの形の良いバストをよく見ると、そのニットがずいぶんと薄手の生地だったようで、白のインナーが透けて見える状態になっていたんです。そのため、姿勢によっては胸元のVの字ラインが鮮明に浮かび上がり、そこに深い渓谷が存在することを想像してしまいましたね」(女子アナウオッチャー)

 ホランは同番組で、たびたび肌にピタピタのニット姿で登場し美バストのラインを存分に披露しており、色白でスタイルも抜群、顔立ちはアイルランドの父親と日本人の母親のハーフそのままに端正な顔立ちであることから、プライベートでもさぞ垂涎ボディを活かしたお洒落ファッションでスタイリッシュな生活を送っていそうだが、ファンの間では、その正反対を行っていることで有名だ。

「最近では、おぎやはぎにラジオ番組で食事会をした時のホランの格好を“クリント・イーストウッドが被りそうな浅いキャップにロールアップした黒いジーパン、そしてダスティン・ホフマンが着てそうなブルゾンで短いナイキの靴下”など説明され、小木博明に『地味だしヒドい』とか“ふだんは艶気が一つもない”といった意味の言葉で酷評されています。彼女も自身を恋愛を放棄した“超干物女”としており、家事が面倒で実家暮らし、しかも休日は部屋に引きこもってスッピン眼鏡で漫画やDVD観賞に耽っているのだとか。ただ、そんなボーイッシュな性格なぶん、どんなにバストが強調されインナーが”丸っと見え”になろうとも、お構いなしの性格なのかもしれません」(前出・女子アナウオッチャー)

 そんな「素敵なギャップ」も、彼女の大きな魅力の一つだろう。

関連記事(外部サイト)