太川陽介を怒らせた?パンブー黒瀬がスペシャル版に起用されなかった「謎」

太川陽介を怒らせた?パンブー黒瀬がスペシャル版に起用されなかった「謎」

太川陽介を怒らせた?パンブー黒瀬がスペシャル版に起用されなかった「謎」

 3月24日放送の「水バラ」(テレビ東京系)で、「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第6弾がスペシャル版として再放送されたが、鉄道チームメンバーのパンクブーブー・黒瀬純が不在だったことで、バス旅ファンを騒然とさせている。

 この日の「スペシャル版」放送は昨年11月に放送された「第6弾」を振り返るもの。バスチームのリーダー太川陽介、鉄道チームのリーダー村井美樹に加え、ともに旅をしたAKB48の横山由依、ももいろクローバーZの高城れにがスタジオに集まり、VTRを観ながら旅を振り返った。

 司会進行役には「天の声」として、正体を隠して男性タレントが声で参加。男性タレントによれば、この乗り継ぎ対決旅に出演したことがあるという。

「視聴者の多くは天の声の正体がパンクブーブーの黒瀬だと思ったようです。黒瀬は『第6弾』に鉄道チームのメンバーとして参加。わがままな振る舞いが注目されました。普通に考えれば、黒瀬を出演させて、反省の弁を述べさせるものです」(テレビ誌ライター)

 だが、ナレーションを務めたのはお笑いコンビ「Wエンジン」のチャンカワイ。チャンカワイは第4弾に出演しているが、「第6弾」とは無関係だ。

「なぜ黒瀬ではなくチャンカワイになったのか。黒瀬のスケジュールが合わなかったということも考えられます。ただ、横山由依と高城れにが出演していることから推測すると、収録日は早めに決まったはず。スケジュールが原因とは考えにくい。となれば可能性として残るのは、番組関係者から黒瀬が“見限られた”ということじゃないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 しかも24日放送の「スペシャル版」で太川は、VTRを観て黒瀬を叱る発言をしている。それは鉄道チームが松本駅に向かって歩いている時のこと。少し先を歩く村井と高木に対して、黒瀬は「こんなにバラバラに歩いてチームって言えるんでしょうか。はたして」と発言。するとスタジオの太川は「君が急げばいいんだよ」と軽く怒りをあらわにしたのだ。

「太川は笑いながら言っていましたが、目は笑っていないように見えました。もしかしたら、太川が今回のゲストとして黒瀬を呼ぶことを拒否したのかも…」(前出・テレビ誌ライター)

 黒瀬が再びテレ東旅番組に出演する日が来るのか、何とも気になってしまうのである。

関連記事(外部サイト)

×