森泉、「1000万円手作りマイホーム」番組企画に総ツッコミが上がった理由

森泉、「1000万円手作りマイホーム」番組企画に総ツッコミが上がった理由

森泉、「1000万円手作りマイホーム」番組企画に総ツッコミが上がった理由

 3月30日放送の「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)にモデルでタレントの森泉が出演。383日かけて“手作り”したマイホームが完成したことを報告した。

 これまで番組で中古物件をリノベーションする改造企画に挑んできたが、今回は、千葉県にマイホームをイチから手作りするというプロジェクトにチャレンジ。自ら重機の資格を取得し、ホームセンターで材料を調達するなど気合いを見せていた。

「放送では森が“キット”と呼ばれる組み立て式の建築方法を採用し、383日かけて手作りしたマイホームが披露されました。この日は、劇団ひとりと水卜麻美アナが千葉県内から中継をし、森がこだわったというキッチンの様子などを紹介。実際にかかった総額を999.8万円と発表。見事1000万円以内を達成とアピールしました。しかし、注意書きとして画面左下に小さく、『水道・ガス・電気工事、各種申請、消費税、手伝った大工さんの人件費等は含んでません』とあり、あまりにも現実に則していなかったことで視聴者から苦笑いが漏れています」(テレビ誌ライター)

 これにネット上では「999.8万円って、無理矢理1000万円内に収めました感がハンパない」「リアルな数字じゃなければ全く意味がないんだけど」「まさか消費税まで差し引いて1000万円達成とか、どこの国の話だよw 絶対にこの倍はかかってる」「この金額で家が建てられると勘違いさせたいのか? まぁ、そこまで視聴者もバカじゃないと思うけど…」「時間を掛けた割につまらない企画だったな。単なるお嬢様のお遊びにしか見えない」などと、酷評が飛び交っている。

 森は昨年10月、嫁ぎ先の寺院の隣に建て増しした自宅屋上でBBQを行い、大騒ぎして近所トラブルになったことが週刊誌に暴露されている。また、その自宅ガレージには数千万円もする高級外車が並んでおり、ド派手な生活ぶりは近所でも有名だとか。

 できるだけカネをかけずに完成させたという千葉の家だが、森の普段の生活を見る限り、単なるバラエティ番組のイチ企画だったとしか思えない。そもそも、無理に1000万円以内に収める必要などなかったのでは?

(ケン高田)

関連記事(外部サイト)