熟れ頃アナ13人の「フェロモンサバイバル戦術」(1)大橋未歩が明かした真夜中のプールでの出来事

熟れ頃アナ13人の「フェロモンサバイバル戦術」(1)大橋未歩が明かした真夜中のプールでの出来事

熟れ頃アナ13人の「フェロモンサバイバル戦術」(1)大橋未歩が明かした真夜中のプールでの出来事

 フジの久代萌美に続いて日テレの久野静香アナまでも‥‥。局アナの退社ラッシュで激化するフリーアナ戦線。下からの突き上げに危機感を覚えた美人熟れ頃アナたちはどんな戦術を取るのか。ピー音必須の艶トークに過激な肌見せ、汗まみれ姿態まで、オンナの武器が乱れ飛ぶ生き残りバトルの最前線に迫る。

 フリー転身から早4年、元テレビ東京の大橋未歩(43)は、トンでもない変態エピソードを赤裸々告白した。

 6月22日放送の情報バラエティー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演、注目のニュースを扱うコーナーでのこと。イギリスで「全裸自転車大会」が3年ぶりに開催されたことが紹介されると、「全裸でやってみたいこと」を出演者が告白する流れに。

 ここで共演者の松田ゆう姫が「真夜中のスイミングプールに忍び込んで‥‥」と「全裸プール」への憧れを吐露。すると大橋の口から、

「やってみたことあるんですけど」

 と、衝撃発言が飛び出したのだ。

 芸能関係者が振り返る。

「大橋によると『こんなとこでこんなことしちゃってる、みたいなのがスゴい快感だった』ようで『全裸プール』の経験を思い出したのか、ニヤニヤが止まらず、松田やヒコロヒーをドン引きさせていました」

 いったい大橋はどこのプールで全裸になったのか。

「おそらくドイツなどにあるヌーディストプールを訪れたのでしょう。こうした場所では男女ともに一糸まとわぬ姿で過ごすのがしきたり。番組内で彼女がずっとニヤついていたのは、現地で見た男のイチモツを思い出したせいかもしれません」(芸能関係者)

 虎視眈々と「新激辛女王」の座を狙うのがフリー3年目を迎えた竹内由恵(36)。

 5月2日放送の「有吉ゼミ2時間スペシャル」(日本テレビ系)に出演し、恒例企画「激辛チャレンジグルメ」に初参戦。都内のタイ料理店で「超極辛カオマンガイ」に挑んで、みごと完食に成功した。

「この番組をきっかけに、竹内は『激辛番組の常連になれば食いっぱぐれしない』と悟った。最近、親しいスタッフや事務所関係者らに『新・激辛女王を目指す』と宣言しているんです」

 こう明かすのは、テレビ関係者。竹内が激辛メニューに商機を見出した理由についてこう続ける。

「彼女が出演した『有吉ゼミ』の反響が大きかったこともあるのですが、辛さに悶える表情を捉えようと顔面のドアップを乱発する『激辛チャレンジ番組』に挑む中で、自分の美貌を最大限生かせることに気づいたんです」

 こうして彼女は日々、激辛トレーニングに励むことになった。

「自宅にハバネロやジョロキアといった超激辛スパイスを買い揃え、自らチャレンジメニューを作って汗をダラダラ流しながら食べている。クーラーを効かせていても、汗で全身ツユだく状態。かなりの気合いの入れようで、事務所の人間からは『痔にならないか』とお尻の状態を心配されているそうです」(テレビ関係者)

 激辛アミーゴこと、鈴木亜美(40)とのタイトルマッチが待ち遠しい。

関連記事(外部サイト)