永野芽郁「極太いなりをパックン」大サービス映像のあらぬ「反応」

永野芽郁が巨大いなり寿司を食レポ 一部視聴者があらぬ妄想を抱き歓喜の声が続出

記事まとめ

  • 永野芽郁が『バナナマンのせっかくグルメ』(TBS系)で巨大いなり寿司を食べることに
  • 永野は極太いなりを口いっぱいに入れ、「んんーーー!」と、味に感激する表情を見せた
  • 一部視聴者はあらぬ妄想を抱いたようで「とんでもない神回」などと歓喜の声が続出した

永野芽郁「極太いなりをパックン」大サービス映像のあらぬ「反応」

永野芽郁「極太いなりをパックン」大サービス映像のあらぬ「反応」

永野芽郁「極太いなりをパックン」大サービス映像のあらぬ「反応」

 7月12日発売のファッション誌「ar」の表紙に、永野芽郁が登場。同誌の公式インスタグラムでは、ひと足先に撮影中のメイキング動画が公開された。芸能記者が解説する。

「雑誌の発売に先駆けての、2パターンのメイキング動画です。夏らしいノースリーブを着た永野のほか、ガッツリと肩を出したヒラヒラの黄色ワンピースでポーズを決める様子も収められています。特にワンピースは、薄い生地によってボディラインが露わになっており、好評を博しています」

 そんな永野は現在、ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系)で主演を務めており、番宣のため数々のバラエティー番組にも出演。その食レポで、ファンの視線をクギ付けにするシーンがあった。テレビ誌記者が振り返る。

「7月10日に放送された『バナナマンのせっかくグルメ』(TBS系)です。永野がドラマ共演者の杉野遥亮と、埼玉県熊谷市を訪れ、地元民の間で有名な、巨大いなり寿司を食べることになったのです。この時、永野は『10センチぐらいある!すっごーい!』と言って、極太いなりを口いっぱいにパックン。目線を少し上に向けながら『んんーーー!』と、味に感激する表情を見せたのです。彼女の姿に一部視聴者はあらぬ妄想を抱いたようで『お咥え顔も可愛いな』『とんでもない神回。めっちゃファンになりました!』などと歓喜の声が続出したのです」

 子役時代から女優として活躍する清純派だが、着々とオトナの艶気を身に付けているようだ。

関連記事(外部サイト)