「浜崎あゆみ役」安斉かれんがトンデモ酒豪伝説をぶっちゃけ!初ライブ前に酒を要求していた

「浜崎あゆみ役」安斉かれんがトンデモ酒豪伝説をぶっちゃけ!初ライブ前に酒を要求していた

「浜崎あゆみ役」安斉かれんがトンデモ酒豪伝説をぶっちゃけ!初ライブ前に酒を要求していた

 20年放送のドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)で浜崎あゆみ役を演じて一躍、注目──。歌手で女優の安斉かれんが、自身の酒豪ぶりを告白した。

 安斉は過去のバラエティー番組で、酒好きであることを明かしているのだが、よく飲むのは、麦焼酎の「二階堂」。タコぶつをアテに、昼からチューハイを呷るのだとか。

 7月19日の「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)では、それを上回る酒好きエピソードをぶっちゃけた。

 デビュー後、コロナ禍になりライブができないでいた安斉。最近になってやっと初ライブを行ったという。

 いざライブが始まるという時、あがり症の彼女は、声を出すのもままならないほど緊張してしまった。その緊張をほぐすために、ステージドリンクをお酒にするようお願いしたと明かしたのだ。

 これに、司会の関ジャニ∞・村上信五は、

「ベテラン歌手のやり方やないか。緊張を酒で吹き飛ばしてやろうとな」

 スタジオは「ロックやな」と、驚きの声に包まれた。

 当然のことながら、要求は却下され、酒を飲んでステージに上がることはできなかったという。

 初ライブで酒を要求──。浜崎を越える大物かもしれない。

関連記事(外部サイト)