東出昌大「養育費1万円報道」で井上公造が明かした唐田えりかとの”秘め事工作”

東出昌大が杏と養育費を巡りトラブルか 役者仲間の親友から絶縁されたという話も

記事まとめ

  • 東出昌大が、子供3人の養育費を巡り元妻の杏とトラブルになっていると報じられた
  • 井上公造氏によると、ネタ元は東出自身で友人にポロリと言っていることが拡散したそう
  • 東出は唐田えりかと会う際に名前を利用していた役者仲間の親友から絶縁されたとも

東出昌大「養育費1万円報道」で井上公造が明かした唐田えりかとの”秘め事工作”

東出昌大「養育費1万円報道」で井上公造が明かした唐田えりかとの”秘め事工作”

東出昌大「養育費1万円報道」で井上公造が明かした唐田えりかとの”秘め事工作”

 俳優の東出昌大が、子供3人の養育費を巡り元妻の女優・とトラブルになっていると、5月27日発売の「女性セブン」が報じて話題になった。

 昨年7月の離婚から約10カ月。東出からの養育費は未払い状態で、さらに東出が提示した養育費の額は、子供1人につき月1万円。杏は父親としての誠意のなさにショックを受けているとか。

 そんな東出の現状について、芸能リポーターの井上公造氏が28日放送の「おはよう朝日です」(朝日放送)で伝えている。

 まずは養育費月1万という具体的な数字のネタ元について、井上氏は「ネタ元は東出さん自身。周りの友人なんかにポロリと言っていることを、周りが呆れて、それが評判として広がり『女性セブン』の耳に入った」と解説。

 その背景にあるのは、ギャラを下げても仕事が一向に来ないという東出の現状で、イクメンとして好感度が高かった時代は、CMギャラが最高4000万円だったが、いまは値下げしてもオファーなし。テレビに関しても、キャスティング会議で名前は挙がらず、映画は 2020年7月「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が公開されたものの、これは女優の唐田えりかとの不貞騒動前に決まっていた仕事で、以降、映画のオファーはなし。舞台の仕事は、出演作はあっても、そもそもギャラが低いという。

 さらに、かつて家族で住んでいた一戸建については「東出くんと杏さんが半々で権利を持っていたんですが、この半分に関しては杏さんがお金を出して買い取ったんです」と語り、「家も借りないといけない、日々の生活もしないといけない、借金も返さないといけない という中で、捻出されたのが(子供1人)1万円という額だった」と続けた。

 また最近、東出は役者仲間の親友から絶縁されたという話も。いろいろ相談に乗ったり面倒を見てくれていた親友だったが、井上氏曰く、「あることがバレたんですよ。(東出が唐田と)会っているときに、杏さんに対して『きょうは○○と会ってくる』 って、その人の名前を頻繁に使っていた。その親友は杏さんとも面識ありますし、『もう許せない』という話になったらしい」という。

 仕事の激減は仕方ないにしろ、親友からの信頼も失ったとなれば、周囲からの支援も望み薄か。

(鈴木十朗)

関連記事(外部サイト)