「そんなんどうでもええわ!」浜田雅功が武尊の敗戦話を無視し続けた「人情ロケ現場」

「そんなんどうでもええわ!」浜田雅功が武尊の敗戦話を無視し続けた「人情ロケ現場」

「そんなんどうでもええわ!」浜田雅功が武尊の敗戦話を無視し続けた「人情ロケ現場」

 格闘家の武尊が7月27日、自身のインスタグラムを更新。お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功との並び写真とともに、感謝の言葉を綴っている。

 武尊は26日に放送された「ごぶごぶ」(MBS)で浜田と共演。6月19日に行われた那須川天心との「世紀の一戦」で敗れ現在は無期限休養中だが、このロケの撮影は敗戦後に行われていた。

 武尊は「『ごぶごぶ』ご視聴ありがとうございました。浜田さんの優しさが詰まったロケでした。人前に出るのを全部やめようと思ってたけど見え方とか色々考えて頂いて 今出なくなるのは良くないって面白くなるように色々考えてくれて」と、浜田の配慮を告白。

 さらに、「本当は勝ったらご褒美ロケだったのを勝敗とか関係なく武尊がやれるならやろうって、お休みの日にロケ入れて頂いて、元気付けてくれて また前向いて人前に出るキッカケを作ってくれて、本当に心から感謝です」と思いを伝えた。

「番組中、武尊が試合の話題に触れようとするたびに、浜田は『観てないけど』『そんなんどうでもええわ!』などと、とぼけてスルーしていました。しかし、武尊と訪れたスパイスカレー店で武尊が席を外している際、浜田は『まぁ元気でよかったです。みんなに勇気を与えましたよね…。勝負の世界ですからね。どっちかが勝った負けたは仕方がない。一応、本人には(試合を)観てないテイになってますが』と声を潜めて話していましたね」(芸能ライター)

 浜田の人柄がうかがえる話だ。

(鈴木十朗)

関連記事(外部サイト)