鈴木保奈美に「脱ぎオファー殺到」!21年前に“知る人ぞ知るシーン”が…

鈴木保奈美に「脱ぎオファー殺到」!21年前に“知る人ぞ知るシーン”が…

鈴木保奈美に「脱ぎオファー殺到」!21年前に“知る人ぞ知るシーン”が…

「会うたびに話すのは家族のことばかりだったので、家庭円満だと思っていました。まさか、別れるなんて…」

 と、呆気に取られた表情で語るのは女優の鈴木保奈美(54)が通う都内トレーニングジムの常連客だ。保奈美といえば去る7月16日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」でとんねるずの石橋貴明(59)との離婚を電撃発表。「石橋貴明 鈴木保奈美から大切なお知らせ」と題した動画を最後に、98年の“できちゃった再婚”から22年半続いた夫婦生活に終止符を打った。そこには、相反する2人の意思が見え隠れしているという。芸能関係者が解説する。

「離婚は保奈美たっての希望。数年前から話し合いが行われていたそうです。対する石橋は頑として別れたくなかったようですが、そんな思いをよそに、保奈美は昨年の7月に個人事務所を設立し、9月には都内のマンションを個人名義で購入するなど独り立ちの準備を着々と進めていました。結果、石橋が本気のリコカツに根負けしてしまった。石橋の事務所に籍を残したのは形だけで、今後は個人事務所を窓口にして仕事をする意向だといいます」

 そもそもの発端は、保奈美がNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で女優復帰を果たした11年にまでさかのぼる。

「石橋は保奈美が外で働くことに反対していました。当時小学生だった娘たちの子育てに全集中してほしかったようです。そのため、『深夜の撮影禁止』、『撮影が終わったらすぐ帰宅』などのルールが課せられ、『共演者と必要以上に仲良くしない』とのお達しも…。おのずと、スタッフや共演者からも必要以上に気を遣われるようになり、保奈美はかなり窮屈がっていたようです」(前出・芸能関係者)

 がんじがらめの“石橋ルール”から解放されたことによって、各方面からオファーが殺到しているという。

「地方ロケや深夜の撮影が解禁になったので、オファーできる役の幅が広がりました。独身になったからでしょうか。離婚発表から1週間でベッドシーンありの作品のオファーまで届くようになったそうなんです」(前出・芸能関係者)

 7月27日発売の「週刊アサヒ芸能」8月6日号では、鈴木保奈美に脱ぎオファーが殺到する理由と、21年前に公開していた“知る人ぞ知る”ベッドシーンを詳細に解説している。

関連記事(外部サイト)