高橋真麻、ブログ報告で判明した“極めて珍しい”体の部位の「特徴」とは?

高橋真麻、ブログ報告で判明した“極めて珍しい”体の部位の「特徴」とは?

高橋真麻、ブログ報告で判明した“極めて珍しい”体の部位の「特徴」とは?

 胸は爆裂、ヒップは小ぶり。そんな高橋真麻のボディに特徴的なポイントがあることが新たに判明した。

 高橋は7月27日、ブログで足のネイルを新しくしたことを報告。足の写真を公開した。

「写真を見ると高橋の足の指は中指が一番長いようです。これは極めて珍しいタイプじゃないでしょうか。日本人のほとんどは親指が一番長く、少しずつ短くなっていくタイプです。だいたい80%ぐらいがこのタイプと言われています。他に人差し指が長いタイプ、全ての指がほぼ同じ長さのタイプの人がいます」(週刊誌記者)

 高橋本人は中指の長さに触れていないことから、自身の体の珍しさに気づいていない様子。貴重なボディの持ち主であるとは認識していないようだ。

「加えて高橋の足の指は長くて立派です。先が太くてごつい印象。ついでに言えば、末端にあるパーツの大きさを巡っては、男性であれば鼻が大きいと下腹部のシンボルも大きいと言う説があります。高橋の指が長いことはバストの大きさとも関係があるのではなどと一瞬、妄想してしまいましたね」(前出・週刊誌記者)

 ともあれ、高橋の体の秘密がまた一つ、明らかになったことはファンにとっては喜ばしいことかもしれない。

関連記事(外部サイト)