新人女子アナ「“色香”新馬戦」を実況中継(2)テレ朝・田原萌々は「ゲテモノ食い」で頭角

新人女子アナ「“色香”新馬戦」を実況中継(2)テレ朝・田原萌々は「ゲテモノ食い」で頭角

新人女子アナ「“色香”新馬戦」を実況中継(2)テレ朝・田原萌々は「ゲテモノ食い」で頭角

 フジ以上に新人アナの早期登板を加速させているのがテレビ朝日。森山みなみアナ(23)は、入社式前に「グッド!モーニング」に登場し、田原萌々アナ(22)も、同じく入社式直後に「大下容子ワイド!スクランブル」で最速デビューを果たしている。

 丸山氏が「今年最高のタレントアナ」と太鼓判を押すのが森山アナだ。

「クッキリした目鼻立ちのルックスはインパクトあり。経歴も、小学生時代に劇団ひまわり、高校時代には熊本朝日放送の『第96回全国高等学校野球選手権熊本大会』や、ミスセブンティーンのファイナリスト、映画『マジックユートピア』にも出演。大学時代にもタレント活動をするなど、今期一番のタレントアナです。名前の由来が『タッチ』のみなみちゃんらしく、局のヒロインになる期待感をひしひし感じます」

 これに対し、芸能評論家の織田祐二氏が推すのは田原アナで、

「いかにもテレ朝っぽい清楚美形で、アナウンス能力も学生時代から秀でている。さらに内定者課題の動画で、ダンゴムシのような姿の深海生物、ダイオウグソクムシの素揚げをパクリ。この出川哲朗級のゲテモノ喰いインパクトで頭角を現しそう」

 7月5日放送、「アベマプライム」(ABEMA)で、田原アナは食プラに初挑戦している。天然水ゼリー入りのペットボトルを右手で激しく振ると、カメラの前でごっくん一気飲み。

「うん。すごいさわやか、ラムネの風味のお水のゼリーみたいな」

 コメントはありきたりながら、右手を小刻みにシェイクする艶っぽい手つきに、食レポエロス発散の片鱗が。

「憧れの人が出川」というのがテレビ東京・冨田有紀アナ(23)。ゲスト出演したネット番組「TOKYO eスポーツハイ!」では、男子アナらと新作ゲームに挑戦するもクリアならず。大学時代、ラグビー部のマネージャーだった冨田アナは罰ゲームとして、オールブラックスなどが試合前に行う「ハカ」を披露することに。

 タンクトップ姿で大股開きの中腰にかがみこむと、薄い生地にうっすらと胸の丸みが浮かび上がってくる。

「カマテ、カマテ、カオラ!」

 と、両膝を打った手を上に掲げると、タンクトップの胸はプルルン.

「アナウンサー採用試験でも、このハカを踊ったようですが、性格はかなり天真爛漫。好きなものはラグビー、サッカーまではいいが、常磐線のボックス席、鬼ごっこ、日焼け、銭湯となれば、かなり変わっている。さまぁ〜ず・三村が気に入りそうな新人です」(織田氏)

 次世代の「モヤさま」アシスタントに当確!?

関連記事(外部サイト)