深田恭子、「病み上がり」で打ち込む“捨て身の映画PR”の裏事情とは

深田恭子の“強行復帰”は既定路線か 伊勢谷友介と伊藤健太郎の逮捕が影響とも

記事まとめ

  • 深田恭子が、映画「ルパンの娘」の舞台あいさつに登場し、大きな拍手が送られた
  • この晴れ舞台の約5カ月前に深田が「適応障害」による休養生活に入ることが発表された
  • 休養わずか3カ月での"強行復帰"には、伊勢谷友介と伊藤健太郎の逮捕の影響もあるそう

深田恭子、「病み上がり」で打ち込む“捨て身の映画PR”の裏事情とは

深田恭子、「病み上がり」で打ち込む“捨て身の映画PR”の裏事情とは

深田恭子、「病み上がり」で打ち込む“捨て身の映画PR”の裏事情とは

「本日は、劇場までお越しいただきましてありがとうございます。やっと、やっとみなさんにお届けすることができました。どうぞ最後まで楽しんで行ってください」

 10月15日、映画「ルパンの娘」(東映)の舞台あいさつに登場したのは主演の女優・深田恭子(38)。ぴっちり艶っぽい泥棒スーツ姿ではないものの、透けた素材にピンクの模様を散りばめたワンピース姿に満場の客席から大きな拍手が送られた。

 しかし、この晴れ舞台から遡ること約5カ月前の5月26日、所属事務所は深田が「適応障害」による休養生活に入ることを発表。ファンに痛烈なダメージを与えたことは記憶に新しい。スポーツ紙芸能デスクが振り返る。

「奇しくも翌日にはドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)の撮影に入るというギリギリのタイミングでの発表でした。みずからの主演作をドタキャンしてまで休養しなければならなかったことからも症状は重く、復帰までにはかなりの時間を要するだろうと囁かれていました」

 ところが、それからわずか3カ月後の9月2日、深田は自身のインスタグラムを更新し、「暖かいご声援とご支援に心から感謝しています」と活動再開を宣言。直後、深田は映画のPR活動のスケジュールを確認するために、テレビ局幹部と打ち合わせを行ったというのだ。

 フジテレビ関係者が打ち明ける。

「深田さんはドラマに穴を空けたことに恐縮しながらも、『ご心配おかけしました。もう大丈夫です』と映画の宣伝に全面協力することを約束。ただ、以前の深田さんの溌剌とした表情はなく、げっそりとホオがこけ、顔色も悪かったようで…。やはりこの短期間では体調を万全に戻せなかったようです」

 とはいえ、休養わずか3カ月での“強行復帰”は既定路線だったという。

「本来なら、夏ドラマで主演を務め、その勢いのまま映画の宣伝につなげていく流れでした。折しもフジテレビは製作した映画がご難続き。昨年秋に公開した映画『とんかつDJアゲ太郎』(ワーナー・ブラザーズ)では公開前に伊勢谷友介(45)が大麻所持、さらには伊藤健太郎(24)がひき逃げ事故で立て続けに逮捕されたほか、今度は映画『翔んで埼玉』の続編が決まった直後にGACKT(48)の活動休止が発表されてお蔵入り。そのため、映画版『ルパンの娘』にかける思いは並々ならぬもので、病み上がりを押して主演の深キョンを看板に大キャンペーンを組んだわけです」(前出・デスク)

 かくして地獄のPR週間が開幕したという。10月19日発売の「週刊アサヒ芸能」10月28日号では、深田恭子の“強行復帰”の内幕に迫っている。

関連記事(外部サイト)